動画のダウンロードQ&A

YouTube動画は専用ソフト無しでもダウンロードできる

投稿日:

YouTubeで前に見つけたお気に入りの動画を見ようと思ったら削除されていて
見られなくなっていた、なんて経験1度や2度はあるんじゃないでしょうか。

話題になっていたり、人気のある動画なら再度アップロードされる可能性もありますし、
別の動画サイトに転載されていることもあります。

しかしちょっとマニアックな動画だったりすると、YouTubeで削除されたが最後、
二度とお目にかかれないことも十分に考えられるんですよね。

そんな場合はYouTubeのお気に入り動画をパソコンやスマホにダウンロードしておけば、
いつでも好きなときに動画を見ることができます。

でもYouTubeの動画をどうやったらダウンロードできるか分からないし、
ダウンロードするのにソフトとかアプリをパソコンやスマホにインストールするのも
ちょっと嫌なんてこともあると思います。

そこでソフトやアプリを使わなくてもYouTubeの動画をダウンロードする方法を
詳しく紹介しましょう。

YouTube動画をダウンロードしたい

一般的にYouTubeなどの動画をダウンロードするには、
専用のソフトやアプリが必要と思われているかもしれません。

動画をより高画質でダウンロードしたり、あくまで私的利用目的で
ダウンロードした動画を編集したりするには専用のソフトやアプリが必要です。

しかし画質を気にせず、ただ単にYouTube動画をダウンロードするだけなのであれば、
専用のソフトやアプリを使わなくてもできちゃいます。

YouTubeなどの動画をダウンロードするためのWebサイトがあり、パソコンやスマホで
そのWebサイトにアクセスするだけでYouTube動画がダウンロードできるんです。

YouTubeの動画はダウンロードしちゃダメ?

実際にYouTube動画をダウンロードする方法を見ていく前に、「YouTube動画を
ダウンロードするのって違法じゃないの?」という問題について説明しておきます。

確かにYouTube動画のダウンロードが「著作権法違反」に当たるケースはあります。

ただ著作権法違反になるのは、
「違法にアップロードされたものを違法と知りながらダウンロードした」場合です。

「違法と知りながら」とは言うものの、違法にアップロードされた動画を
ダウンロードしてはダメということはTVCMなどで盛んに広報活動が行われています。

ですから違法にアップロードされた動画をダウンロードして「違法にアップロードされた
動画だとは思わなかった」は通じないと思った方が良いですね。

例えばアーティストや音楽会社が公式にアップしているもの以外のミュージックビデオや
ライブ映像などは、違法にアップロードされている可能性が高いと思います。

テレビ番組やアニメも公式以外でアップされているものはアウトの可能性が高いですし、
こうしたものをダウンロードすると著作権法違反で罰則を受ける恐れがあります。

またダウンロードした動画を著作権者の許可なく再アップロードしたり、
販売することも著作権法違反となります。

「歌ってみた」とか「弾いてみた」など、好きなアーティストの曲を自分で歌ったり
演奏したりしているYouTube動画がありますよね。

これも厳密にいえば、アーティストや音楽会社に曲の使用許可を得ていないと
著作権法違反となってしまいます。

話題になれば宣伝にもなるといったことなどで黙認されているケースも多いですが、
「歌ってみた」や「弾いてみた」は厳密に言うと違法動画の可能性が高いので、
ダウンロードしない方が賢明ですね。

違法にアップロードされた動画を違法と知りながらダウンロードした場合には
2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、又はその両方に処せられます。

違法動画をアップロードした場合はさらに罪が重く、
10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処せられます。

いずれにしても決して軽い罪ではありませんから、
絶対に違法動画をアップロードしたりダウンロードしたりしてはいけませんよ。

私的利用が目的なら違法にならない

アーティストや音楽会社が公式にアップしているミュージックビデオやライブ映像などを
ダウンロードすることは違法ではありません。
(著作権者がダウンロードを禁止している場合は別)

ただし、ダウンロードした動画をあくまで「私的に楽しむ」ことを目的にしている場合に
限られます。

なので自分の部屋で自分だけで見ることを目的にしている分には、違法動画で
なければ、YouTube動画をダウンロードしても著作権法違反にはならないんですね。

ダウンロードした動画を家族や友人と見るぐらいは私的利用の範囲内ですが、
お金を取らなくても不特定多数の人に公開すると著作権法違反になります。

YouTubeの規約では動画のダウンロードは制限されている

YouTubeの利用規約によると、YouTube側が「ダウンロード可能」としているもの以外は、
基本的にダウンロードしてはいけないことになっています。

なのでダウンロード可能となっている動画以外をダウンロードすると、
著作権法違反にはならないかもしれませんが、
YouTubeの規約違反となりアカウントが停止となる恐れはあります。

これからYouTube動画をダウンロードする方法を紹介しますが、あくまでYouTube側が
ダウンロード可能としているものだけをダウンロードするようにしましょう。

YouTube側がダウンロード可能としていない動画については、ダウンロードすることは
推奨しませんし、ダウンロードするのであれば自己責任でお願いします。

YouTube動画をダウンロードする方法

YouTube動画をダウンロードする方法はいくつかあるんですが、
ここではYouTube動画がダウンロードできるWebサイトのみを紹介します。

無料で配布されているソフトやアプリをインストールする方が簡単だったりするんですが、
YouTube動画をダウンロードするためのソフトやアプリが安全だとは限りません。

またソフトやアプリの容量が大きすぎて、
パソコンやスマホなどの動作に影響を与えることもあるかもしれません。

なのでここでは、
利用者も多く比較的安全と思われる動画のダウンロードサイトを厳選して紹介します。

ただこれから紹介するYouTube動画をダウンロードするためのWebサイトに
アクセスする際、パソコンやスマホのセキュリティソフトから警告が発せられるようなら
無理にアクセスしないようにしましょう。

Online Video Converter

まず1つ目は「Online Video Converter」というWebサイトです。

このOnline Video Converterでは、動画はもちろん、
動画の音声だけをダウンロードすることも可能となっています。

ですからミュージックビデオなどを動画無しで音声のみダウンロードして、
カラオケの練習用として使うなんてこともできますよ。

パソコンで使う場合は、Googleなどで「Online Video Converter」を検索して
「OnlineVideoConverter.com」となっているサイトにアクセスします。

そうすると「NO.1無料動画変換ツール」というページが表示され、その下に
 ・動画のリンクを変換
 ・動画ファイルを変換
 ・ビデオを録画する
という3つのアイコンがあるので、一番左の「動画のリンクを返還」をクリックします。

切り替わった画面上部に「URLを入力してください」という入力欄があるので、
ここにダウンロードしたいYouTube動画のURLを入力します。

別のタブやウインドウでダウンロードしたいYouTube動画にアクセスしておき、
画面上部のURLをコピーしてOnline Video Converterの入力欄に貼り付けると
間違わないですし楽ですよ。

動画のURLを入力したら、
その下の選択欄でダウンロードするファイルの形式を選びます。

ファイルの形式がよく分からない場合は、動画なら「mp4」、
音声だけなら「mp3」で良いと思います。

ファイルの形式を選びその下にある「スタート」ボタンをクリックすると、
まず動画が指定したファイル形式に変換されます。

変換が終了すると「ダウンロードする」というボタンが現れるので、
それをクリックすると動画がパソコンにダウンロードされます。

ちなみにダウンロードされた動画は、「ダウンロードフォルダ」に保存されています。

iPhoneではまず「Documents」アプリをダウンロード

Online Video Converterはスマホでも使えるんですが、iPhoneで使う場合には
まず「Documents」というアプリをダウンロードしなければいけません。

Documentsはファイルをダウンロード・閲覧・管理するためのアプリで、
App Storeで無料でダウンロードできます。

Documentsをダウンロードしたら、「safari」などのブラウザでOnline Video Converterに
アクセスし「動画のリンク/URLを変換」を選びます。

画面が切り替わる際に広告が表示された場合は、
「X」をタップして広告画面を非表示にしましょう。

後はパソコンの時と同じで、入力欄にダウンロードしたYouTube動画のURLを入力、
ファイル形式を選択して「スタート」ボタンをタップします。

動画の変換が完了すると「DOWNLODE」ボタンが現れるので、
DOWNLODEボタンを長押しして「コピー」を選ぶとダウンロードが開始されます。

ダウンロードが終了したら、Documentsアプリを開いて「コンパス」を選択すると
先程ダウンロードしたYouTube動画のURLが表示されるのでタップします。

あとはファイル名を保存先を決めて「完了」ボタンをタップすれば、
iPhoneにお気に入りのYouTube動画を保存することができます。

Online Video ConverterはAndroidスマホでも使える

Online Video ConverterはもちろんAndroidスマホでも利用可能です。

しかもAndroidスマホではDocumentsのようなアプリのダウンロードは不要なので、
iPhoneより簡単にYouTube動画がダウンロードできます。

AndroidスマホでYouTube動画がダウンロードする場合は、
通常のブラウザアプリではなく、「Chrome」を使った方が確実です。

ChromeでOnline Video Converterにアクセスして「動画のリンク/URLを変換」を
タップします。

画面が切り替わる際に広告が表示されたら、
iPhoneの時と同様に「X」で非表示にしておきます。

あとは入力欄にダウンロードしたYouTube動画のURLを入力して、
ファイル形式を選択したら「スタート」ボタンをタップして動画の変換を開始します。

動画の変換が完了したら「ダウンロードする」ボタンが現れるので、そのボタンを
タップすればAndroidスマホにお気に入りのYouTube動画がダウンロードされます。

もしボタンをタップしてもダウンロードが始まらない場合は、「ダウンロードする」ボタンを
長押しし「新しいタブで開く」を選択するとダウンロードできるはずですよ。

Online Video Converterの良いところ

Online Video Converterの良いところとしては
 ・YouTube以外の動画サイトにも対応している
 ・変換できるファイル形式が多い
といったことが挙げられます。

Online Video Converterでは、YouTube動画だけでなく、FacebookやInstagramに
アップされている動画もダウンロードすることも可能となっています。

ただしSNSにアップされた動画をダウンロードする際は、著作権はもちろん、
肖像権にも注意しないといけませんよ。

またOnline Video Converterでは、
動画を色んなファイル形式に変換してダウンロードすることができます。

なので単にパソコンやスマホに保存するだけでなく、SDカードなどにコピーして
タブレットなど別の機器で動画を見たりといったこともできるんですね。

Online Video Converteは広告画面に要注意

簡単にYouTube動画をダウンロードできるのは良いんですが、
Online Video Converterを利用する上で注意しないといけないこともあります。

iPhoneやAndroidスマホで動画をダウンロードする際には、
動画のダウンロードとは直接関係の無い広告が表示されます。

間違って広告画面をタップすると全然違う画面に飛ばされるので、
スマホでOnline Video Converterを使う際はタップミスに注意しましょう。

それからYouTube動画だと問題ないですが、
YouTube以外の動画だと音声だけしかダウンロードできない場合があります。

実際にやってみないことには分からないので、YouTube以外の動画は
ダウンロードできないかもしれないと思っておいた方が良いですね。

動画簡単ダウンロード

次に紹介するのは「動画簡単ダウンロード」というサイトです。

サイト名がそのものズバリですし、名前の通りダウンロードの仕方だけなら
先のOnline Video Converterよりも簡単かもしれません。

まずGoogleなどで「動画簡単ダウンロード」と検索して、
動画簡単ダウンロードサイトにアクセスします。

トップページにURLの入力欄があるので、
ダウンロードしたいYouTube動画のURLを入力して「START」ボタンをクリックします。

動画の情報が読み込まれると、
動画や音声のみなどファイルの形式が表示されるので必要な形式をクリックします。

ちなみにファイルの形式の横に「640×360」などの数字が表示されていますが、
これは画質や音質を表すもので、数字が大きいほど高画質・高音質となります。
(高画質・高音質なほどファイルの容量も大きくなる)

ファイルの形式を選択すると「このファイルをダウンロードしますか?」という画面が
別タブもしくは別ウインドウで現れるので、
画面内の「DOWNLOAD」ボタンをクリックします。

そうするとURLを入力した動画が再生されるので、
画面右下にある縦に3つ並んだ点をクリックして「ダウンロード」を選択すると
パソコンに動画がダウンロードされます。

iPhoneでは動画簡単ダウンロードでYouTube動画をダウンロードできない

動画簡単ダウンロードを使ってスマホにYouTube動画をダウンロードすることは
可能なんですが、iPhoneだと難しいです。

Documentsアプリがインストールされていてもいなくても、動画簡単ダウンロードサイトに
アクセスすればYouTube動画をiPhoneにダウンロードすることは可能です。

しかし音声が入っていなかったりなど、
ダウンロードしたYouTube動画を正常に再生することができないんですね。

ですからiPhoneにYouTube動画をダウンロードする場合には、
動画簡単ダウンロードは使わない方が良いと思います。

Androidスマホはパソコンと同じ方法でダウンロード

iPhoneでは難しいんですが、Androidスマホなら動画簡単ダウンロードサイトで
YouTube動画をダウンロードすることができます。

ダウンロード方法はパソコンと同じで、Chromeで動画簡単ダウンロードサイトに
アクセスしてダウンロードしたいYouTube動画のURLを入力します。

ファイル形式と画質・音質を選択して「DOWNLOAD」ボタンを押すと
動画が再生されるので、画面右下の縦に3つ並んだ点をタップして
「ダウンロードする」を選ぶだけです。

動画簡単ダウンロードの良いところ

動画簡単ダウンロードの良いところは、
ファイル形式や画質・音質を選ぶ画面にYouTubeの関連動画が表示されます。

ですから何度もYouTubeにアクセスしなくても、
関連動画を辿ることで複数の動画をダウンロードすることが可能です。

またYouTube動画をダウンロードする際に、Androidスマホでも広告が
表示されないので、誤って全く関係の無いサイトに飛ばされる心配もありません。

なのでAndroidスマホで動画をダウンロードするなら、Online Video Converterより
こちらの動画簡単ダウンロードの方が使いやすいかもしれないですね。

動画簡単ダウンロードはちょっと重い

動画簡単ダウンロードでYouTube動画を実際にダウンロードしてみると分かりますが、
Online Video Converterに比べるとちょっと動作が重くなっています。

URLを入力して動画情報を読み込むのに結構時間がかかります。

また動画によってはずっと情報の読み込み画面のままで、
ダウンロードできないこともあるんですね。

それから動画簡単ダウンロードではYouTubeだけでなく、
ニコニコ動画など別のサイトの動画もダウンロードすることも可能です。

ただYouTube動画のダウンロードに比べて、
ニコニコ動画などの動画をダウンロードするのは若干手間がかかります。

例えばニコニコ動画の動画をダウンロードする場合は、まず動画簡単ダウンロードとは
別のタブやウインドウでニコニコ動画にアクセスしておきます。

それからニコニコ動画にログインしてダウンロードしたい動画を一旦再生(数秒でOK)
することで、動画簡単ダウンロードサイトで動画のダウンロードが可能となります。

このようにYouTube以外の動画だと「簡単ダウンロード」でなくなってしまうので、
基本的にはYouTube動画しかダウンロードできないと思った方が良いかもしれません。

dirpy

続いては「dirpy」というサイトなんですが、
こちらは海外サイトのため表記が全て英語になっています。

そのため英語が全く分からないと使いにくいですが、
dirpyでは先に紹介したサイトと違って簡単な編集機能も使うことができるんですね。

音声のみをダウンロードする場合に、
動画の何分から何分といった具合に時間を指定してダウンロードすることができます。

例えば、MC入りのライブ映像のMC部分をカットして曲部分のみ切り取って
ダウンロードするといったことも可能です。

ダウンロードした音声データを編集するには別で編集ソフトが必要ですから、
ダウンロードの段階で編集できるのは便利ですね。

パソコンにダウンロードする場合は、
Googleなどで「dirpy」と検索してdirpyサイトにアクセスします。

トップページにURLの入力欄があるので、
ダウンロードしたいYouTube動画のURLを入力して「dirpy!」ボタンをクリックします。

画面が切り替わると左側に動画情報が編集できるようになっているので、
「Filename」の欄に動画のファイル名を入力します。

その下にある「Edit ID3 Tag Date」には、動画タイトルやアーティスト名、作成年などの
情報が入力できるようになっています。

スマホやタブレットなど他の機器にコピーして再生する場合に、この「ID3タグ」を
作成しておくと、どういった動画や音声データなのか分かりやすいですよ。

音声のみダウンロードするなら「Filename」と「Edit ID3 Tag Date」の間にある
「Record Audio」、動画をダウンロードするなら画面右側にある「Record Video」を
クリックすればOKです。

「Record Video」のボタンの下に「DOWNLOAD」と書かれた大きなボタンがありますが、
これは広告ですから間違ってクリックしないように注意しましょう。

あくまで音声をダウンロードする場合は「Record Audio」、
動画をダウンロードする場合は「Record Video」のボタンをクリックですよ。

dirpyもiPhoneでは使えない

iPhoneではdirpyを使ってYouTube動画をダウンロードすることはできません。

動画をダウンロード・閲覧・管理するためのアプリである「Documents」を
インストールしていてもダメみたいです。

先の「動画簡単ダウンロード」では、正常に再生できないものの、
動画をダウンロードすることは可能でした。

しかしdirpyでは、正常に再生できないどころか、
そもそもiPhoneに動画をダウンロードすること自体無理なんですね。

AndroidスマホではdirpyでYouTube動画のダウンロード可能

iPhoneでは無理ですが、
Androidスマホではdirpyを使ってYouTube動画をダウンロードすることが可能です。

ダウンロードする手順はパソコンとほぼ同じですが、
パソコンとスマホでは画面の大きさが違うため、
ファイル名を入力する欄やダウンロード開始ボタンなどの配置が違っていたりします。

dirpyのダウンロード画面には「DOWNLOAD」という広告サイトに飛んでしまう
トラップボタンがあるので、Androidスマホでdirpyを利用する場合は特に注意しましょう。

dirpyの良いところ

dirpyの良い点としては、音声のみをダウンロードする時だけではあるものの、
時間を指定してダウンロードできるというところです。

先にも書いたように、ダウンロードした音声データを編集するには別途ソフトの
インストールが必要なんですが、dirpyでは編集ソフトが不要なのは便利ですね。

それからダウンロードする際に「ID3タグ」が付けられるのも、dirpyの利点です。

通常、動画や音声のデータにID3タグを付けるには、
先に動画や音声をダウンロードしてから「プロパティ」で編集するしかありません。

それがdirpyではダウンロードする時に付けられるわけですから、
ダウンロード後のタグ付けの手間が省けるんですね。

dirpyでは長時間動画のダウンロードはできない

dirpyの使いにくい点は、何と言っても日本語表記じゃないところです。

複雑は英文や難しい英単語が使われているわけではないので、
英語が苦手でも画面を見ればある程度使い方はわかります。

ただ日本語表記でないだけに、
間違ってダウンロードと関係の無いボタンを押してしまう危険性が高くなっています。

しかもdirpyには「DOWNLOAD」というトラップボタンがあるので、
英語に苦手意識のある人はあまり使わない方が良いかもしれないですね。

またdirpyでダウンロードできるのは「30分以内」の動画のみであり、
30分を越える動画はダウンロードできません。

30分以上の長時間動画をダウンロードしたい場合は、
先のOnline Video Converterや動画簡単ダウンロードを使うようにしましょう。

パソコンなら「Chrome」の拡張機能を使ってYouTube動画がダウンロード可能!?

パソコンのブラウザソフトである「Chrome」には様々な拡張機能があり、
その拡張機能を使ってYouTube動画をダウンロードすることもできるんです。

ただChromeの拡張機能には
 ・Chrome Web Storeで公式に提供されているもの
 ・サードパーティーによって非公式に提供されているもの
があり、YouTube動画をダウンロードするための拡張機能は
「非公式に提供されているもの」になります。

非公式に提供されている拡張機能をインストールする際に、
場合によっては不要なプログラムも一緒にインストールされてしまうことがあります。

なのでChromeの拡張機能とは言え、
先に紹介したWebサイトを使ったダウンロードよりも安全とは言い切れません。

まずChromeで「YouTube Video Downloader」と検索して、
非公式に提供されている拡張機能をダウンロードするページにアクセスします。

画面右側にある「Download for Chrome」をクリックすると、
zipファイルがダウンロードされるので解凍しておきます。

次にChromeの画面右上にある縦に3つ点が並んだ「メニューアイコン」をクリックし、
「その他のメニュー」→「拡張機能」へと進みます。

拡張機能の一覧画面が表示されたら画面右上にある「デベロッパーモード」を
ONにして、非公式の拡張機能も利用できるようにしておきます。

「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む」をクリックして、
先程解凍しておいたファイルをインストールします。

拡張機能の一覧画面に戻って「YouTube Video and MP3 Downloader」が
追加されていれば、ChromeでYouTube動画がダウンロードできるようになります。

ダウンロードしたいYouTube動画を開くと、動画下にある「いいね」アイコンの左側に
下向き矢印とともに720Pなどと表示されたダウンロードアイコンが現れるはずです。

ダウンロードアイコンをクリックして、
ファイル形式を選択すれば動画のダウンロードが始まります。

YouTubeのサイトだけで完了するので、
先に紹介したWebサイトよりは手軽に動画をダウンロードすることができます。

ただ先にも書いたように、YouTube動画をダウンロードするための拡張機能を
インストールする際に不要なプログラムもインストールされる恐れもあるので、
若干の使いにくさはありますね。

スマホ版のChromeでは拡張機能が使えない

ChromeアプリはiPhoneでもAndroidスマホでも使えますが、
基本的にスマホでは拡張機能が使えないようになっています。

ですからスマホのChromeにYouTube動画をダウンロードするための拡張機能を
インストールして、YouTube動画をダウンロードするといったことはできないんですね。

iPhoneやAndroidスマホでYouTube動画をダウンロードしたい場合は、
先に紹介したようなWebサイトを使うようにしましょう。

YouTube PremiumでYouTube動画をダウンロード

YouTubeの有料プランである「YouTube Premium」を利用することで、
公式にYouTube動画をダウンロードすることが可能です。

YouTube Premiumは月額1,180円で、
2019年7月現在は1か月間の無料トライアルが実施されています。

YouTube Premiumに加入することで、
 ・広告なしで動画視聴
 ・YouTube動画をダウンロードしてオフライン再生
 ・YouTube動画のバッググラウンド再生
などが可能となります。

最初の方でも書きましたが、
YouTubeの利用規約ではYouTube側がダウンロード可能としている動画以外は
基本的にダウンロードしてはいけないことになっています。

YouTube Premiumに加入すれば、利用規約に違反することなく
YouTube動画をダウンロードすることができるというわけです。

ただ先に紹介したWebサイトやChromeの拡張機能と違って、YouTube Premiumで
ダウンロードした動画は30日間しか保存できないようになっています。

通信量消費を抑えるために動画をダウンロードするなら、
30日しか保存できなくても良いと思います。

しかし削除された時のことを考えて動画をダウンロードする場合には、
30日で消えてしまうと意味が無いですよね。

なので「YouTube動画をダウンロードする」という点では、YouTube Premiumは
利用規約違反にならないとは言え、Online Video ConverterなどのWebサイトや
Chromeの拡張機能よりも使い勝手は良くないと言わざるをえないですね。
(料金もかかりますし)

-動画のダウンロードQ&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.