回線速度Q&A

回線速度を上げるのはそんなに難しくない?

投稿日:

光回線を使っていると、時折「回線速度が遅いなぁ」と感じることがあると思います。

遅いと感じるのが一時的なことならまだしも、日常的に遅いとなると
どこかに不具合でも発生しているんじゃないかと気になってしまいますよね。

かと言ってONUやWi-Fiルーターを下手に触ってかえって悪くなるのも嫌なので、
回線速度が遅いまま使っているなんてことも多いんじゃないでしょうか。

そこで光回線の回線速度が遅くなる原因と、
回線速度を上げる方法について詳しく見ていきたいと思います。

インターネットの用途ごとに必要な回線速度も紹介するので、
光回線を利用する際の参考してみてください。

光回線の回線速度を上げるには

光回線の回線速度が遅くなる原因は、
回線やプロバイダからONU・Wi-Fiルーターまで様々です。

回線やプロバイダが原因で遅くなっていると乗り換えも検討しないといけませんが、
ONUやWi-Fiルーターが原因なら簡単に改善することも可能です。

とは言えある程度通信関連の知識が無いと、一見しただけでは何が原因で
回線速度が遅くなっているのか分からないこともあります。

回線やプロバイダを乗り換えるとなると大ごとですし、手間もお金も時間もかかります。

これから回線速度を上げる方法をいくつか紹介しますが、
まずは簡単にできることから試してみましょう。

色々試してそれでも改善されないとなってから、
回線やプロバイダの乗り換えを検討しても遅くないと思いますよ。

ONUやWi-Fiルーターを再起動してみよう

自宅に光回線が開通すると、光回線の終端装置であるONUが宅内に設置されます。

またその開通した光回線にパソコンやスマホ、テレビ、ゲーム機など複数機器を
同時に接続するために、Wi-Fiルーターを設置していることもあります。

実はこのONUやWi-Fiルーターが、
回線速度低下の原因となっていることがあるんです。

ONUやWi-Fiルーターの電源を入れっぱなしにしていることが多いと思いますが、
電源がずっと入っていることで本体内部に熱がこもってしまいます。

電子機器は基本的に熱に弱いですから、ONUやWi-Fiルーターも内部に
熱がこもることで動作が悪くなり、結果的に回線速度低下に繋がるわけです。

それから、インターネットを利用するとONUやWi-Fiルーターには「ログ」という
通信記録が蓄積されていきます。

ONUやWi-Fiルーターにログが残ること自体には何の問題もありませんが、
ログの蓄積量が多くなるとONUやWi-Fiルーターの動作に影響を与えます。

ですから光回線の回線速度が遅いと感じた場合には、
まずONUやWi-Fiルーターを再起動してみましょう。

一度電源を落とすことで本体内部の熱が放出されますし、ONUやWi-Fiルーターに
蓄積されているログが消去されるので、回線速度が上がる可能性があるんですね。

ちなみにONUやWi-Fiルーターに蓄積されたログを消去しても、サイトアクセスに多
少時間かかるようになる程度で、インターネットの利用には大きな影響はありません。

またONUやWi-Fiルーターには電源ボタンが付いておらず、
再起動するにはコンセントを抜き差しするしかない場合も少なくありません。

ただちゃんとした再起動方法が用意されていることもあるので、
ONUやWi-Fiルーターを再起動する際は回線事業者やプロバイダ、機器メーカーで
確認してください。

使っているWi-Fiルーターが速度低下の原因かも

光回線を無線化するために設置しているWi-Fiルーターそのものが、
回線速度低下の原因となることがあります。

光回線の回線速度は最大1~2Gbpsが一般的で、「auひかり」に至っては
一部地域で最大5Gbps10Gbpsのサービスも開始しています。

Wi-Fiには
 ・11b
 ・11g
 ・11a
 ・11n
 ・11ac
 ・11ad
 ・11ax
といった規格があり、対応している回線速度が違います。

それぞれ
 ・11b・・・最大11Mbps
 ・11g、11a・・・最大54Mbps
 ・11n・・・最大600Mbps
 ・11ac・・・最大6.9Gbps
 ・11ad・・・最大6.8Gbps
 ・11ax・・・最大9.6Gbps
となっています。

最大1Gbpsの光回線を使っていても、
Wi-Fiルーターが「11n」以下の規格にしか対応していないと、
Wi-Fi接続した際に十分な回線速度が出ないことになってしまいます。

古い機種あるいは2,000円程度の安価な機種だと比較的新しい機種でも、
11n以下のWi-Fi規格にしか対応していない場合もあります。

有線接続すると十分な回線速度が出るのに、Wi-Fi接続すると回線速度が
遅くなるといった場合は、使っているWi-Fiルーターの規格を確認してみましょう。

 

ONUとWi-Fiルーターを繋ぐLANケーブルも重要

Wi-Fiルーターを設置する際、LANケーブルを使ってONUと接続します。

このONUとWi-Fiルーターを繋いでいるLANケーブルが、
回線速度低下を招くこともあるんですね。

Wi-Fiと同じようにLANケーブルにも規格があり、
規格によって対応する回線速度が違っています。

「カテゴリ5」は最大100Mbps、「カテゴリ5e」と「カテゴリ6」は最大1Gbps、
「カテゴリ7」は最大10Gbps、「カテゴリ8」は最大40Gbpsまで対応となっています。

もしカテゴリ5のLANケーブルを使っていると、Wi-Fiルーターが11ac以上の規格に
対応していても、回線速度は最大100Mbpsまでしか出ないことなってしまいます。

購入したWi-Fiルーターに同梱されているLANケーブルを使っている場合は、
恐らくカテゴリ5e以上ですから速度低下の原因にはなっていないと思います。

しかし昔に買ったLANケーブルを使い回しているいる場合は、
カテゴリ5で回線速度低下の原因となっているかもしれませんよ。

Wi-Fi電波の周波数を変える

最近のWi-Fiルーターは、
 ・2.4Ghz
 ・5Ghz
という2種類の周波数の電波が使えるようになっているものが多いです。

標準は「2.4Ghz」ですが、それを「5Ghz」に切り替えることでWi-Fiが繋がりやすくなり
回線速度が上がることもあります。

2.4Ghzという周波数の電波は電子レンジなど一般的な電化製品にも使われており、
同じ周波数の電波を使う他の電化製品から電波干渉を受けやすいんですね。

ですから2.4GhzのWi-Fi電波を使っていると、他の電化製品からの電波干渉によって
繋がりにくくなったり、回線速度が遅くなったりすることがあるわけです。

一方5Ghzの電波は一般的な電化製品にはほとんど使われていないので、電波干渉に
よって繋がりにくくなったり回線速度が遅くなったりすることはまずありません。

なのでWi-Fi接続時の回線速度が遅い場合には、
Wi-Fiの電波を5Ghzに切り替えることで回線速度が上がる可能性がありますよ。

ただし2.4Ghzに比べて5Ghzは電波の届く範囲が狭くなっています。

また電波は周波数が高いほど障害物の影響を受けやすいですから、5Ghzだと
Wi-Fiルーターと階層や壁を隔てた部屋ではかえって繋がりにくくなってしまいます。

Wi-Fiルーターの位置を変えるだけで回線速度が上がる?

電波を切り替えなくても、Wi-Fiルーターの位置をちょっと変えるだけで
劇的に回線速度が上がる可能性もあります。

先にも書いたように、電波は周波数が高いほど障害物の影響を受けやすくなります。

Wi-Fiルーターで標準的に使われている2.4Ghも、
通信用の電波としては決して周波数が低いわけではありません。

実際にスマホの通信に使われている電波の周波数は700Mhz~2.1Ghzなので、
スマホの電波よりもWi-Fiルーターの電波の方が周波数が高くなっています。

なので2.4Ghzの電波を使っている場合でも、
Wi-FiルーターとWi-Fi接続しているパソコンやスマホとの間に障害物があると
電波が減退して回線速度が低下してしまいます。

パソコンやスマホなどWi-Fi接続する機器との間に障害物が入らないような位置に
Wi-Fiルーターを置くことで、回線速度が上がるというわけです。

またWi-Fi電波は、Wi-Fiルーター本体を中心として360度放射状に送出されています。

ですから棚の中など周りを障害物で囲まれているようなところではなく、
家の中心のできるだけ高い位置にWi-Fiルーターを置いた方が効率よく
WiFi電波を行き渡らせることができますよ。

回線速度が遅いのはセキュリティソフトが原因?

通信機器へのウイルス侵入や有害なサイトへのアクセスを防止するのに、
パソコンやスマホにセキュリティソフトを入れている場合も多いと思います。

このセキュリティソフトがパソコンやスマホといった機器に負荷をかけて、
結果的に回線速度が落ちたと感じることがあります。

有名なところでは
 ・カスペルスキー
 ・マカフィー
 ・G DATA
 ・アバスト
といったセキュリティソフトは機器への負荷が大きく、
回線速度を落とす可能性が比較的高いと言われています。

さすがにセキュリティソフトを使わないのはリスクが高いですから、
比較的機器への負荷が小さい
 ・ESET
 ・ノートン
 ・ウイルスバスター
などのセキュリティソフトに切り替えるのも良いですし、
パソコンやスマホなど通信機器側のスペックを上げるというのも1つの方法です。

スマホのスペックを上げるには買い替えるしかありませんが、パソコンの場合は
「CPU」のアップグレードやメモリの増設でスペックを上げることができます。

またOSが「Windows10」のパソコンを使っている場合、Windows10には
「Windows Difender」という無料のセキュリティソフトが標準装備されています。

そこに市販のセキュリティソフトをインストールすると、
二重にセキュリティソフトを入れることになってしまいます。

二重にセキュリティソフトを入れることでセキュリティ性能は上がるものの、
負荷の大きいセキュリティソフトが2つとなるとさらに負荷が大きくなって回線速度も
落ちてしまいます。

ですから市販のセキュリティソフトを使う場合には、
Windows Difenderは無効にしておいた方が良いかもしれないですね。

プロバイダの乗り換えを検討する

ONUやWi-Fiルーターを再起動したり、LANケーブルを替えてみたり、
Wi-Fiルーターを動かしたりしても回線速度が上がらない場合は、
回線かプロバイダに速度低下の原因があります。

回線を乗り換えるとなると、工事が必要でお金も時間もかかりますし、
場合によっては家族と相談しないといけないので手間もかかります。

しかしプロバイダの変更だけなら、
回線を乗り換えるよりも手間もお金も時間もかかりません。

NURO光や電力会社系光回線(コミュファ光やeo光など)は利用できるプロバイダが
1社決まっており、プロバイダのみ変更することはできません。

また光コラボの多くもプロバイダのみの変更は難しいですが、フレッツ光やauひかり、
さらにはドコモ光など一部の光コラボではプロバイダを変更することが可能です。

ちなみにフレッツ光はプロバイダが別契約なので
プロバイダを自由に選ぶことができますが、
auひかりやドコモ光などは複数の指定プロバイダから選ぶ形になっています。

回線速度を上げるためにプロバイダを変更するのであれば、
「v6プラス」に対応したプロバイダを選ぶことが重要です。

v6プラスは次世代通信方式の1つで、従来の通信方式の回線速度を低下させている
部分が改善されているので、従来よりも回線速度が上がる可能性が高いんです。

v6プラス対応の主なプロバイダとしては
 ・@nifty
 ・So-net
 ・GMOとくとくBB
 ・DTI
 ・@TCOM
などが挙げられます。

またv6プラスには対応していないものの
 ・BIGLOBE(IPv6オプション)
 ・OCN(v6アルファ)
 ・ぷらら(v6エクスプレス)
 ・Yahoo!BB(IPv6高速ハイブリッド)
などはv6プラスと同じ仕組みのサービスに対応しているので、
v6プラス対応プロバイダ同様に回線速度アップが期待できます。

有名だから良い、無名だから悪いというわけではありませんが、
比較的有名なプロバイダの方がv6プラスや同じ仕組みのサービスに対応している
可能性が高いかもしれないですね。

v6プラスの利用には、基本的に別途料金は発生しない
(一部発生するプロバイダもある)ものの、別途申し込みが必要です。

もしv6プラスやv6プラスと同じ仕組みのサービスに対応しているプロバイダを
利用しているのに回線速度が遅い場合は、v6プラスに申し込んでいない可能性が
あります。

さらにWi-Fiルーターもv6プラス対応でないと回線速度が上がらないので、
場合によってはv6プラス対応プロバイダへの変更と同時にWi-Fiルーターの
買い替えも必要となるかもしれません。

またv6プラスの動作が確認された市販のWi-Fiルーターはありますが、
「IPv6オプション」などv6プラスと同じ仕組みのサービスについては
市販のWi-Fiルーターで動作が確認されていない場合が少なくありません。

その場合はプロバイダから対応のWi-Fiルーターを有料でレンタルせざるをえず、
実質的にv6プラスと同じ仕組みのサービスの利用に料金が発生してしまうことも
あります。

v6プラス対応プロバイダの回線速度が速いのはなぜ?

v6プラス対応のプロバイダに変更することで回線速度が上がる可能性が高いんですが、
それななぜなんでしょうか?

従来の通信方式で現在も広く使われているのが「IPv4」です。

IPv4には
 ・最大200Mbpsの速度制限
 ・網終端装置の混雑
という2つの速度低下を招く原因があります。

まずIPv4は、回線の速度と関係無く、
最大200Mbpsに速度が制限される仕組みとなっています。

ですから最大1Gbpsの光回線を使っていても、
通信方式がIPv4だと回線速度は自動的に最大200Mbpsになってしまうわけです。

最大1Gbpsなら実測で300~600Mbpsぐらい出てもおかしくないところが、
最大200Mbpsに制限されるので実測で60~120Mbpsぐらいしか出ないんですね。

それからIPv4ではインターネットサイトとデータをやり取りする際に、
「網終端装置」というところを必ず経由することになります。。

光回線のユーザー数に対して網終端装置の処理能力が低く、
混雑が発生しやすくなっている場合が少なくありません。

休日や夜間などに回線速度が遅くなるのは、
この網終端装置の混雑が原因となっていることが多いんですね。

最大200Mbpsの速度制限と網終端装置の混雑が重なると、
最大1Gbpsの光回線でも回線速度が10Mbpsを切ってしまうこともあるわけです。

それがv6プラス対応プロバイダに変更することで、
最大200Mbpsの速度制限が無くなり、
網終端装置を経由しなくてもインターネットサイトにアクセスできるようになります。

IPv4で速度低下を招いている大きな原因が、
v6プラスだと取り除かれるので回線速度が上がる可能性が高くなるんですね。

回線で通信障害が発生していないか確認する

先に紹介した方法は全て試した、
さらにv6プラス対応プロバイダを利用しておりv6プラスにも申し込んでいる。

なのに回線速度が遅いとなると、これは回線に問題があると思って間違いないので、
回線の乗り換えを検討しても良いと思います。

ただ回線が原因で日常的に回線速度が遅いわけではなく、
一時的に遅くなっているだけの場合もあります。

例えば自分が使っている回線で通信障害が発生していたり、メンテナンス工事が
行われていることが原因で回線速度が遅くなっていることも十分に考えられます。

ですから色々試しても回線速度が上がらない場合は、
スマホなど別のインターネット回線が使えるなら回線事業者の公式サイトで、
使えないなら電話で通信障害やメンテナンスの情報を確認しましょう。

回線速度は必要以上に上げなくて良い?

ここまで回線速度を上げるための方法を紹介してきましたし、決して安くない料金を
払って光回線を使う以上は回線速度が速いに越したことはありません。

しかしインターネットを利用する上で、
回線速度の速さが求められるケースはそれほど多くありません。

それどころかインターネットの使い方次第では、
「低速」と言われるほどの回線速度でも全く問題なかったりします。

そこでインターネットの用途ごとに必要な回線速度について、詳しく見ていきましょう。

LINEやメールは1Mbps程度で使える

アラフォー世代が若い頃、家族や友人と連絡を取る方法と言えば「メール」が主でした。

かつてより利用頻度は減ったとは言え、若い世代にとってもメールはまだまだ重要な
連絡ツールの1つであることに変わりはありません。

そんなメールに代わって、現在連絡ツールの主役になりつつあるのが「LINE」です。

LINEではメッセージのやり取りだけでなく音声通話やビデオ通話も無料で使えるので、
ビジネスで利用されることもあります。

メールやLINEでメッセージをやり取りするだけであれば、全くと言っても良いぐらい、
回線速度を必要としません。

メッセージのやり取りだけなら100~200Kbps程度出ていれば十分なので、
スマホで通信量オーバーによる制限を受けている状態でも使えます。
(スマホで制限時の回線速度は最大128Kbps)

画像をやり取りする場合は、回線速度が100~200Kbps程度でもできますが、
送信や受信に多少時間がかかってしまいます。

高画質やサイズの大きい画像を送る場合は、
1Mbps程度は出ている方が良いかもしれませんね。

LINEの音声通話やビデオ通話も回線速度の速さは求められない?

メッセージのやり取りはともかく、LINEで音声通話やビデオ通話を使うとなると
それなりに回線速度の速さが求められそうですよね。

しかしLINEの音声通話は、メッセージをやり取りする時と同じぐらいの
100~200Kbps程度の回線速度で十分できます。

ビデオ通話になると、100~200Kbps程度では映像が途切れますし、
音声の遅延も発生します。

じゃあLINEのビデオ通話に10Mbpsも20Mbpsも必要かと言うとそんなこともなく、
せいぜい500Kbps程度で十分なんですね。

通信障害でも発生していない限りは、
光回線の回線速度が1Mbps以下になることはそうそうありません。

なので自宅の光回線であれば、
回線速度が遅くてLINEが使えないといったことはほとんど無いと思って良いですよ。

サイトの閲覧には10Mbps必要

インターネットサイトを閲覧したり、TwitterやInstagramなどのSNSを利用する場合には、
さすがに回線速度が1Mbps以下だと少し厳しいです。

画像無しテキストのみのサイトやSNSでもメッセージのみを閲覧するなら、
1Mbps程度でもできます。

ただ通販サイトのように1ページの何枚の画像が使われているサイトやSNSでも
画像・動画を快適に閲覧するのであれば10Mbps程度は必要となります。

LINEやメールを使うのに必要な回線速度が100~200Kbps程度だったので、
10Mbpsと言われるとかなり速いと思うかもしれません。

しかしインターネット回線全体の回線速度の平均が80Mbpsぐらいですから、
10Mbpsでもかなり遅いと言っても良いぐらいですね。

動画を見るのに回線速度は100Mbpsも要らない

「YouTuber」が1つの職業として認められるようになっており、
今では動画は見るだけでなく投稿することも当たり前となってきています。

LINEを使ったり、サイトを閲覧するだけなら大した回線速度は要りませんでしたが、
さすがに動画を見るとなるとかなりの回線速度が必要そうですよね。

確かにLINEやサイト閲覧に比べると、
動画の視聴には回線速度の速さが求められます。

とは言え100Mbpsも200Mbpsも必要というわけではなく、
せいぜい20Mbpsも出ていれば十分なんです。

20Mbps以上必要なのは超高画質の「4K」動画ぐらいで、
それよりも画質が下の動画であれば20Mbps以下でも十分に見られます。

4Kの下の「HD 1080p」(これでもかなり高画質)になると、
5~10Mbps程度の回線速度でも途切れることなく見ることができます。

いわゆる標準画質と言われる「SD 480p」ともなると、10Mbpsも必要なく、
1Mbps程度で見ることが可能です。

余談ですが、ドコモスマホの新料金プラン「ギガホ」はデータ容量が月間30GBと
なっていますが、30GBを使い切って制限を受けた状態でも1Mbps程度の回線速度が
出るようになっています。

これまではスマホで通信制限を受けると、動画を見るどころか、
サイト閲覧すらもまともにできなくなっていました。

しかしドコモのギガホであれば通信制限を受けても、画質は落とさないといけませんが、
動画も見ることができるようになっているんですね。

オンラインゲームは回線速度が速くないとプレイできない?

オンラインゲームと言うと、一昔前は特定の専門的な知識を持った「オタク」と
言われる人がパソコンでプレイするというイメージでした。

しかし最近はPS4やNintendoSwitchなどの家庭用ゲーム機でも
オンライン対応のソフトが発売されており、
今やオンラインゲームは子供から大人まで楽しめるものとなっています。

最近のゲームは非常にグラフィックがキレイで、
一見しただけでは現実を映した映像と見間違うほどです。

また画面内のキャラクターも、モーションキャプチャーによって、
人間さながらのなめらかな動きをします。

グラフィックが高画質な上にキャラクターの動きもなめらかとなると、オンラインゲームを
プレイする際には動画を見る時以上の回線速度が求めらるんじゃないでしょうか?

例えば「スマッシュブラザーズ」や「スプラトゥーン」などのように、
多人数が同時にプレイするようなジャンルのオンラインゲームでは、
20~30Mbps程度の回線速度が必要です。

しかし1対1で対戦あるいは協力してプレイするようなジャンルのオンラインゲームだと、
10Mbps程度で十分だったりします。

このようにオンラインゲームのプレイ自体にはそれほど回線速度の速さは
求められないものの、プレイの準備に回線速度が求められる場合があります。

アラフォー世代にとっては家庭用ゲーム機のソフトはお店で買うものですが、
最近はオンラインストアでダウンロード購入することもできるんですね。

ゲーム機にソフトの内容が保存されるので、プレイする際にパッケージからディスクを
引っ張り出してきてといったことをする必要がありません。

ただ先にも書いたように、最近のゲームはグラフィックが美麗でキャラクターの動きも
人間さながらですから、ゲームによってはデータ容量が50GBを越えます。

プレイ自体には十分でも、10~20Mbps程度の回線速度では50GBのゲームを
ダウンロードするのに5~10時間以上かかってしまいます。
(5Mbps以下だと数日かかることも)

いくら面白そうなゲームでも、ダウンロードするのに5~10時間もかかるとなると
プレイしようという気になりませんよね。

なのでオンライン対応のゲームをダウンロード購入するのであれば、
回線速度は遅くても100Mbps以上は欲しいところですね。

オンラインゲームは回線速度よりもPing値

オンラインゲームのプレイに回線速度はそれほど重要ではありませんが、
回線の「Ping値」は非常に重要となっています。

まずPing値が何なのかですが、簡単に言うと回線の「応答速度」を表す数値で、
単位は「ms」、数値が小さいほど良いとされています。

もう少し分かりやすく言うと、プレイヤーが「右」を入力してから画面内のキャラクターが
実際に「右」を向くまでのタイムラグを表す数値です。

オンラインゲームによっては、Ping値の数値が大きい回線を使っていると
プレイヤー登録さえさせてもらえないことがあるということからも、
いかにオンラインゲームにおいてPing値が重要か分かりますよね。

Ping値の目安は「50ms」で、Ping値が50msを越えて100msに近づくと、
画面内のキャラクター(敵味方問わず)がいきなりワープしたり、
何もないところから攻撃が飛んできたりします。

オンラインゲームを快適にプレイするのであればPing値は10~30msぐらい、
ランキング上位を狙うなど本格的にプレイするなら10ms以下は欲しいところです。

RPGなどで他のプレイヤーと対戦したり協力したりしない場合は、
Ping値が50~100msでもあまり問題ありません。
(100ms越えると単独プレイも厳しくなる)

ちなみに光回線のPing値は平均して20msぐらいですから、
オンラインゲームが快適にプレイできるぐらいのPing値となっています。

光回線の中でも「NURO光」はPing値の数値が低くなっており、
地域や時間帯によって違いはあるものの、10ms以下です。

なのでオンラインゲームを本格的にプレイするのであれば、
フレッツ光やauひかりではなくNURO光を使った方が良いと思います。

ただ現状NURO光は関東・東海・関西の地域でしか利用できませんから、
使いたくても使えない地域が多いんですけどね・・・。

またモバイル回線のPing値は光回線に比べると高めで、
WiMAXでは80~100ms程度となっています。

ギリギリ単独プレイができるぐらいのPing値ですから、
モバイル回線で快適にオンラインゲームをプレイするのは難しいかもしれませんね。

-回線速度Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.