@Tcom光Q&A

TCOM光の工事費はいくら?安くすることはできる?

投稿日:

自宅に光回線を開通する際にかかる費用で、
大きな部分を占めるのが「開通工事費」です。

開通工事にかかる費用は光回線ごとに違っており、
中には30,000円も40,000円もかかる場合があります。

ですから光回線の開通や乗り換えを検討するのであれば、
工事費がいくらぐらいかかるのか頭に入れておきたいところです。

光コラボである「TCOM光」は、光回線の中では比較的工事費は高くないと
されていますが、実際にいくらぐらいかかるのか詳しく見ていきましょう。

TCOM光の開通工事費がお得になるキャンペーンも紹介しますから、
TCOM光の利用を検討している場合は参考にしてみてください。

TCOM光を開通するのに工事費はいくらかかる?

TCOM光を開通する際に発生する工事費は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
で、光回線の開通工事費としてかなり安い方なんですね。

「15,000円や18,000円のどこが安いの?」と思うかもしれませんが、
他の光回線を開通する際にかかる工事費と比べると安いことが分かります。

例えば最大通信速度が2Gbpsの「NURO光」の場合、
開通の際に発生する工事費は40,000円です。

また一部地域で最大5Gbps10Gbpsのサービスを行っている「auひかり」でも、
開通工事費は37,500円で、いずれもTCOM光の2倍以上となっています。

TCOM光と同じ光コラボでも「ビッグローブ光」の工事費は
 ・戸建て・・・30,000円
 ・集合住宅・・・27,000円
ですし、「ソフトバンク光」や「So-net光」も24,000円でTCOM光よりかなり割高です。

単体で見ると安く見えないかもしれませんが、
他の光回線と比べるとTCOM光の工事費がいかに安いかよく分かりますね。

TCOM光の開通工事費が2,000円で済むこともある!?

先にも書いたように、TCOM光の開通には通常
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の工事費がかかります。

ところが場合によっては、
TCOM光開通の際にかかる工事費が2,000円で済むこともあるんです。

TCOM光に限らず光回線を開通する場合には、
工事業者が自宅に来て作業をする「派遣工事」を行うのが通常です。

しかし建物にTCOM光で流用できる光ケーブルが既に敷設されている場合は、
工事業者が自宅に来ない「無派遣工事」となります。

TCOM光開通時の工事がこの無派遣工事になると、工事費が2,000円で済むわけです。

TCOM光はフレッツ光の回線を使う光コラボですから、
TCOM光で流用できるのはフレッツ光の光ケーブルということになります。

なので、以前に使っていたフレッツ光や別の光コラボを解約したものの光ケーブルを
撤去せずに残している場合や引っ越し先の物件でフレッツ光の光ケーブルが
敷設済みの場合などは、無派遣工事で工事費は2,000円で済みます。

ただ望んで無派遣工事にするのは難しいですから、基本的にはTCOM光開通時には
15,000円18,000円の工事費がかかると思っておいた方が良いですよ。

テレビオプション利用で別途工事費が発生

ひかりTVには、テレビアンテナ設置不要で悪天候や電波障害の影響を
受けにくいといったメリットがあります。

特に山間などアンテナではテレビの電波が受信しにくい地域においては、
ひかりTVはテレビを見るために必須と言っても良いぐらいです。

TCOM光でも「テレビオプション」に加入することで、
ひかりTVを利用することができます。

ただテレビオプションに加入すると、
TCOM光の開通工事費とは別にテレビオプションの工事費が発生します。

まず「テレビオプション伝送サービス工事費」として
 ・単独工事・・・7,500円
 ・TCOM光開通と同時工事・・・3,000円
がかかります。

さらに「テレビ接続工事」の費用として
 ・テレビ1台のみ・・・6,500円
 ・テレビ2台以上(4台まで)・・・19,800円
が発生します。

5台以上のテレビを接続する場合やブースターの設置が必要な場合などは、
さらに別途費用が発生することになります。

そして「テレビ視聴サービス登録料」の2,800円がプラスされるので、
場合によってはテレビオプションの工事費だけで30,000円以上かかってしまう恐れが
あるんですね。

TCOM光の契約期間は2年、工事費の分割払いは30回

他の光回線と比べると安いとは言え、TCOM光開通時に15,000円18,000円もの
工事費を一括で支払うと費用が嵩んでしまいます。

スマホや携帯電話の端末代を分割で払えるのと同じように、
光回線の開通工事費も分割払いにすることができます。

分割払いの回数は光回線によってまちまちですが、
TCOM光の場合は30回払いとなっています。

15,000円18,000円の30回払いだと1か月当たり500~600円ですから、
負担がかなり軽く感じられますよね。
(一括でも分割でも支払い総額は同じですが・・・)

ただ注意しないといけないのは、工事費の分割払いが30回なのに対して
TCOM光の契約期間が2年だということです。

最初の2年契約が満了した時点で、乗り換えなどでTCOM光を解約すると、
残っている半年分の工事費を一括で支払うことになります。

また工事費の支払いが終了した時点で解約すると、
今度はTCOM光自体が2年契約の最中ですから、当然違約金が発生します。

ですから費用負担一切無しでTCOM光を解約するには、
最低でも4年は使い続けないといけないことになるわけです。

契約期間満了ごとに光回線の乗り換えを検討するつもりなら、TCOM光の契約期間と
工事費の分割払いの期間が違うことには注意した方が良いですよ。

キャンペーンでTCOM光の開通工事費が半額に

2019年8月現在TCOM光では、
新規申込者に対して開通工事費が半額になるキャンペーンが行われています。

TCOM光を2年契約で新規申込して、
なおかつオプションの「ヒカリ電話」にも加入することで工事費が
 ・戸建て・・・18,000→9,000円
 ・集合住宅・・・15,000円→7,500円
となります。

工事費半額キャンペーンは、派遣工事の場合だけでなく無派遣工事でも
適用されるので、無派遣工事だと工事費は1,000円になるんですね。

別途キャンペーンに申し込む必要は無く、
条件さえ満たしていれば自動的にキャンペーンが適用されます。

ただし工事費半額と言っても本当に半分しか払わなくて良いわけではなく、
工事費の半額分相当の割引が受けられるだけなんですね。

戸建ての場合は月300円、集合住宅の場合は月250円が30か月間続き、
実質的に工事費が半額になるというわけです。

ただしこのキャンペーンは光回線の開通工事にかかる費用が対象ですから、
テレビオプション加入にかかる費用は対象外です。

ちなみに無派遣工事の場合は、初回130円、2回目以降は月30円×29回の割引と
なります。

ですからTCOM光の工事費を一括で支払う場合は、普通に
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
を払い、その後30か月間で半額分相当の割引を受けることになるんですね。

TCOM光の工事費半額はお得じゃない?

実質とは言え、TCOM光の工事費がキャンペーンで半額になるならお得ですよね。

しかし他の光回線のキャンペーンと比べると、
TCOM光のキャンペーンはあまりお得とは言えないんです。

例えば先に開通工事費が高い光回線として名前を出した
 ・NURO光
 ・auひかり
では、TCOM光と同じように月額料金からの割引で工事費が「実質無料」になります。

TCOM光と同じ光コラボの「ソフトバンク光」や「So-net光」でも、月額料金からの
割引という形で工事費が実質的に無料となるキャンペーンが行われています。

auひかりは開通工事費が37,500円ですし、NURO光に至っては40,000円ですから、
実質とは言えこれが無料になるのは大きいですよね。

単純に開通工事費を比較するとTCOM光の方が安いんですが、キャンペーンも含めて
考えると工事費に関してはTCOM光はあまりお得じゃないんですね。

他の光回線からTCOM光への乗り換えでは工事費が発生しないことも

TCOM光を新規で開通させる場合には開通工事費が必要ですが、他の光回線から
TCOM光に乗り換える場合は工事費がかからないこともあるんです。

フレッツ光からTCOM光へ「転用」する場合、別の光コラボからTCOM光へ
「事業者変更」する場合には基本的に工事費が発生しません。

光コラボはフレッツ光の回線を使うので、フレッツ光・同じフレッツ光回線を使う
光コラボからの乗り換えでは同じ光ケーブルを引き続き利用することができます。

なので大掛かりな開通工事が必要無く、工事費も発生しないというわけなんですね。

ただし大掛かりな工事不要で工事費が発生しないの、
あくまでフレッツ光や別の光コラボからTCOM光への乗り換える場合のみです。

フレッツ光とは別の回線を使っている
 ・NURO光
 ・auひかり
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
からTCOM光への乗り換えでは、通常の開通工事が必要で工事も発生します。

「ドコモ光」「ソフトバンク光」が光コラボなだけに、「auひかり」も光コラボだと
勘違いしやすいので、auひかりからTCOM光に乗り換える際は注意しましょう。

転用や事業者変更でも工事費が発生することがある

フレッツ光からの転用や別の光コラボからの事業者変更では、
基本的にTCOM光の工事費は発生しません。

しかしフレッツ光や別の光コラボからTCOM光への乗り換えでも、
工事費が発生するケースがあります。

例えばフレッツ光を最大100Mbpsのプランで利用していて、
TCOM光へ転用するのを機に最大1Gbpsにグレードアップさせるといった
品目変更を行う場合は工事費が発生します。

またフレッツ光や別の光コラボからTCOM光への乗り換えが
引っ越しに伴うものの場合にも、工事費を払うことになります。

工事内容によって多少工事費も変わると思いますが、基本的には
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の標準的なTCOM光の工事費が発生する恐れがあります。

先にTCOM光では工事費が半額になるキャンペーンが行われていると書きましたが、
このキャンペーンの対象は「TCOM光の新規申込者」です。

なので転用や事業者変更での申込者はキャンペーン対象外で、品目変更などで
工事費が発生してもキャンペーンが適用されて半額になることはありません。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.