@Tcom光Q&A

TCOM光とauスマホでauスマートバリューが利用できる

投稿日:

光コラボが開始されて数年、ようやく光回線とスマホはセットにした方が
お得だということが当たり前となりつつあります。

ドコモ・au・ソフトバンクの大手携帯キャリア3社のスマホは、
特定の光コラボと一緒に使うことでセット割が適用されます。

ドコモスマホはドコモ光、ソフトバンクスマホはソフトバンク光とここまでは
分かりやすいんですが、auスマホだけちょっと事情が違います。

auスマホとauひかりでセット割が利用できるのはもちろん、
光コラボの中にもauスマホとのセット割が利用できるものがあるんですね。

その1つが「TCOM光」なんですが、そこでauスマホとTCOM光のセット割の内容や
TCOM光でauスマホとのセット割を使う方法などについて詳しく見ていきましょう。

後半ではドコモやソフトバンクのセット割と比較しますから、
スマホとのセット割を利用するのに光回線を乗り換えるか
スマホをキャリア変更するかの参考にしてみてください。

TCOM光とauスマホのセット利用でauスマートバリューが適用される

TCOM光は、
auスマホとのセット割である「auスマートバリュー」の対象回線となっています。

ドコモスマホのセット割対象はドコモ光ですし、
ソフトバンクスマホのセット割対象はソフトバンク光です。

なのにauスマホだけ、auひかりに加えて、TCOM光などいくつかの光コラボも
セット割の対象になっているのかちょっと不思議ですよね。

ドコモ光やソフトバンク光がフレッツ光回線を使う光コラボなのに対して、
auひかりは自社回線を使う光回線サービスで光コラボではありません。

しかも東京電力の「TEPCO光」をauが事業継承したものですから、フレッツ光や
光コラボのように日本全国でauひかりが使えるようにはなっていないんですね。

現在は西日本まで対応エリアを広げていますが、
中部エリアと関西エリアなど現状でもauひかりが使えないところがあります。

こうしたauひかりが使えない地域のauユーザーはセット割が使えず、不公平ですし、
ドコモなど光コラボとセット割が利用できるキャリアに逃げられる恐れもあります。

そこでauひかりの指定プロバイダと提携して、
一部の光コラボをauスマートバリューの対象にしたというわけです。

auスマートバリューで実際にどのぐらいの割引が受けられる?

ではTCOM光とauスマホをセットで使いauスマートバリューが適用されることで、
どれぐらいの割引になるのでしょうか?

auスマートバリューは一律いくらという割引ではなく、
auスマホで利用している料金プランによって割引額が変わるようになっています。

新しい「ピタットプラン」「フラットプラン」を利用している場合は
 ・auフラットプラン7プラス
 ・auデータMAXプラン
 ・auピタットプラン(2GB~20GB)
 ・auフラットプラン20
 ・auフラットプラン25 Netflixパック
 ・auフラットプラン30
で月1,000円、「新auピタットプラン(1~7GB)」と「auピタットプラン(s)(~2GB)」だと
月500円の割引となります。

「データ定額」などいわゆる旧プランを利用している場合の割引額は
 ・データ定額1・・・934円(3年目以降は500円)
 ・データ定額2、3・・・934円
 ・データ定額5、20・・・1,410円(3年目以降は934円)
 ・LTEフラット・・・1,410円(3年目以降は934円)
 ・データ定額30・・・2,000円(3年目以降は934円)
となっています。

auスマートバリューは最大でスマホ10台まで適用されますから、
家族でauスマホを使っているTCOM光ユーザーはよりお得になるんですね。

例えば4人家族で、全員が「ピタットプラン」の2GB以上を利用していれば、
合計4,000円の割引が毎月受けられることになります。

TCOM光の料金が
 ・戸建て・・・5,100円
 ・集合住宅・・・3,800円
ですから、マンション住まいなら毎月auスマートバリューの割引分で
TCOM光の料金が賄えるんですね。

ちなみに他社のセット割でもそうですが、
auスマートバリューの割引対象はあくまでスマホです。

なのでTCOM光とauスマホをセットで使うことで、
auスマホの料金から割引されることになるので、
TCOM光の明細だけ見て「割引されていない」と勘違いしないようにしましょう。

auスマートバリューの利用には厳しい条件がある?

実はドコモやソフトバンクのセット割に比べると、
auスマートバリューは使い勝手の悪い面が若干あります。

ドコモやソフトバンクのセット割は、
基本的に光回線とスマホをセットで使うだけで適用されます。

ところがauスマートバリューは、
光回線とスマホに加えて「ひかり電話」の利用も適用条件に含まれているんですね。

TCOM光の「ヒカリ電話」オプションの料金は一番安いプランで月500円ですから、
乱暴な言い方ですが、500円余分に料金を払わないとauスマートバリューは
利用できないということになります。

auスマホで月500円の割引が受けられるプランを利用していると、
割引分がヒカリ電話の料金で相殺されてしまいます。

もちろんauスマートバリューはお得なんですが、ひかり電話の利用が条件に
なっていないドコモやソフトバンクのセット割に比べるとお得感が薄いですね。

TCOM光ではauスマートバリューだけでなく格安SIMとのセット割も使える

実はTCOM光では、auスマホとのセット割であるauスマートバリューだけでなく、
格安SIMとのセット割も利用できるようになっています。

TCOM光の運営会社である「TOKAIコミュニケーションズ」は、
「LIBMO」という格安SIMサービスも提供しています。

ちなみにTOKAIコミュニケーションズはauと提携しているので、
TCOM光でauスマートバリューが使えるようになっています。

しかし格安SIMであるLIBMOで利用するのは、au回線ではなくドコモ回線です。

このLIBMOとTCOM光を一緒に使うことでもセット割が適用されます。

LIBMOとTCOM光のセット割の割引額は
 ・ライトプラン・・・800円(7か月目以降0円)
 ・3GBプラン・・・900円(7か月以降100円)
 ・6GBプラン・・・1,000円(7か月目以降200円)
 ・10GBプラン・・・1,100円(7か月目以降300円)
 ・20GBプラン・・・1,100円(7か月目以降300円)
 ・30GBプラン・・・1,100円(7か月目以降300円)
です。
(「ライトプラン」は通信量無制限で、通信速度が最大200Kbpsに制限される)

最初の6か月間こそauスマートバリュー並みの割引額ですが、7か月目以降になると
auスマートバリューよりも割引額がかなり少なめとなってしまいます。

しかしLIBMOの料金が、音声通話とSMS付で
 ・ライトプラン・・・1,180円
 ・3GBプラン・・・1,580円
 ・6GBプラン・・・2,180円
 ・10GBプラン・・・2,980円
 ・20GBプラン・・・4,680円
 ・30GBプラン・・・6,580円
と安くなっているので、割引額が小さくても十分にお得なんですね。

さらにauスマートバリューのようにヒカリ電話の利用が条件になっているわけじゃ
ないので、auスマートバリューより使い勝手も良いんじゃないでしょうか。

ただLIBMOとTCOM光のセット割は、
基本的にスマホ1回線のみしか適用されません。

ですから、1人で使うならともかく、家族で使うとなるとauスマートバリューに比べて
かなりお得感が薄くなってしまいますね。

TCOM光以外でauスマートバリューが利用できる光コラボ

先にも書いたように、auスマホとのセット割であるauスマートバリューの対象と
なっている光コラボはTCOM光以外にもいくつかあります。

TCOM光以外の光コラボだと
 ・ビッグローブ光
 ・@nifty光
 ・So-net光
 ・エディオンネット
がauスマートバリューの対象となっています。

光コラボ以外だと
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・ピカラ
 ・MEGA EGG
 ・BBIQ
といった電力会社系光回線もauスマートバリューの対象です。

また「J:COM」を筆頭に、
地域限定のケーブルテレビでもauスマートバリューが適用されるようになっています。

ですからTCOM光を解約したとしても、auひかりを含めて、先に紹介したサービスに
乗り換えることでauスマートバリューは引き続き利用できますよ。

auスマートバリューの対象となっていることで利用できないキャンペーンがある?

auひかりでは、他社光回線からの乗り換え時に
発生した他社光回線の違約金や工事費の精算分を補填してくれる
「スタートサポート」というキャンペーンが行われています。

例えばTCOM光の場合、更新月以外の解約では12,000円の違約金が発生しますし、
開通工事費の分割払いが30回なので利用開始から2年半以内の解約では
工事費の残債を精算しないといけません。

こうした違約金や工事費の分割払いが光回線の乗り換えをしにくくしているわけですが、
auひかりへの乗り換えであれば違約金も工事費の残債も最大30,000円まで
補填してもらえます。

更新月を気にせず乗り換えられるので非常にありがたいキャンペーンなんですが、
auスマートバリューの対象となっている光回線からの乗り換えでは利用できません。

なのでTCOM光を始めとしたビッグローブ光や@nifty光などの光コラボ、
コミュファ光・eo光などの電力会社系光回線、J:COMなどのケーブルテレビから
auひかりへの乗り換えではスタートサポートは利用できないことになります。

auスマートバリューは他のセット割と比べてお得?

TCOM光でauスマートバリューが使えるのは良いんですが、auスマートバリューは
ドコモやソフトバンクのセット割よりもお得なのかどうかが気になりますよね。

auスマートバリューの方がお得なら、auスマホはそのままで、
auスマートバリューが使える光回線を比較検討すれば良いだけです。

反対にドコモやソフトバンクのセット割の方がお得なら、
光回線とともにスマホのキャリア変更も考えないといけなくなってしまいます。

まずドコモのセット割ですが、
新プランと旧プランで割引額と割引対象のスマホが違います。

新プランの割引額は
 ・ギガホ・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ4(~7GB)・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ3(~5GB)・・・1,000円
 ・ギガライト ステップ2(~3GB)・・・500円
で、「ファミリー割引グループ」内の全てのスマホがセット割の対象となります。

旧プランの割引額は
 ・ウルトラシェアパック100(100GB)・・・3,500円
 ・ウルトラシェアパック50(50GB)・・・2,900円
 ・ウルトラシェアパック30(30GB)・・・2,500円
 ・ベーシックシェアパック ステップ4(~30GB)・・・1,800円
 ・ベーシックシェアパック ステップ3(~15GB)・・・1,800円
 ・ベーシックシェアパック ステップ2(~10GB)・・・1,200円
 ・ベーシックシェアパック ステップ1(~5GB)・・・800円
 ・ウルトラデータLLパック(30GB)・・・1,600円
 ・ウルトラデータLパック(20GB)・・・1,400円
 ・ベーシックパック ステップ4(~20GB)・・・800円
 ・ベーシックパック ステップ3(~5GB)・・・800円
 ・ベーシックパック ステップ2(~3GB)・・・200円
 ・ベーシックパック ステップ1(~1GB)・・・100円
で、セット割が適用されるのはスマホ1台のみです。

次にソフトバンクのセット割ですが、割引額は
 ・データ定額 50GBプラス
 ・データ定額 ミニモンスター
 ・データ定額 50GB
 ・データ定額 20GB
 ・データ定額 5GB
 ・パケットし放題フラット for 4GLTE
 ・パケットし放題フラット for 4G
 ・パケットし放題フラット for スマートフォン
 ・パケットし放題フラットMAX for スマートフォン
で月1,000円、それ以外のプランでは月500円となります。

ソフトバンクのセット割もauスマートバリューと同様に、
家族が使っているソフトバンクスマホ最大10台まで割引が受けられます。

ドコモが新プラン移行で大手3社のセット割の内容がほぼ同じに

以前は、ドコモのセット割だけ割引額が大きい代わりにスマホ1台にしか
適用されないので、大手携帯キャリア3社の間で多少差別化がされていました。

一人暮らしあるいは夫婦2人ならドコモスマホとドコモ光をセットで使った方が
割引額が大きくお得で、家族3人以上ならauやソフトバンクのセット割の方がお得
といった感じだったんですね。

ところがドコモが新プランに移行してセット割の内容を変更したことで、
大手携帯キャリア3社でセットの内容がほぼ同じになってしまいました。

ですから特別どれがお得といったことはなく、
セット割のためにスマホのキャリア変更までする必要は正直なところ無いですね。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.