@Tcom光Q&A

TCOM光で電話番号を引継ぐにはアナログ戻しが必要?

投稿日:

2019年7月から「事業者変更」が開始となり、これまで難しかった光コラボ同士
あるいは光コラボからフレッツ光への乗り換えが手軽にできるようになりました。

これを機に、別の光コラボやフレッツ光への乗り換えを本格的に検討し始めた
TCOM光ユーザーも多いんじゃないでしょうか。

ただ、ひかり電話を利用している場合には「アナログ戻し」という手続きを
行っておかないと、光回線を乗り換えることでひかり電話の電話番号が
変わってしまうと一般的には思われています。

光回線乗り換えに伴うひかり電話の電話番号引継ぎは条件が複雑で、
結構分かりにくいんですよね。

そこでTCOM光から別の光回線に乗り換える際に、ひかり電話の電話番号を
引継ぐのにアナログ戻しが必要なのかどうか詳しく見ていきましょう。

加えて光回線の乗り換えでひかり電話の電話番号引継ぎができないケースや
アナログ戻しの方法についても説明しますよ。

TCOM光からの乗り換えで電話番号引継ぎに「アナログ戻し」は必要?

TCOM光から別の光回線へ乗り換える際、ひかり電話の電話番号を引継ぐのに
アナログ戻しが必要かどうかですが、結論から言うと基本的には不要です。

事業者変更が可能となった2019年7月以降は、
基本的に光回線の乗り換えでひかり電話の電話番号の引継ぎにアナログ戻しが
必要なケースはほとんど無くなっています。

以前はフレッツ光からTCOM光など光コラボへの「転用」の際に限り、
アナログ戻し無しで「番号ポータビリティー」によるひかり電話の電話番号の引き継ぎが
可能でした。

その後番号ポータビリティーの適用範囲が広がり、
 ・NURO光
 ・auひかり
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
などとの間の乗り換えでも、
番号ポータビリティーでひかり電話の電話番号を引き継ぐことができるようになります。

なので2019年7月までは、
 ・光コラボ同士の乗り換え
 ・光コラボからフレッツ光への乗り換え
に限り、ひかり電話の電話番号を引継ぐのにアナログ戻しが必要だったんですね。

しかし2019年7月に事業者変更が開始されたことで、
光コラボ同士・光コラボからフレッツ光への乗り換えでも番号ポータビリティーによる
ひかり電話の電話番号の引継ぎができるようになっています。

現在では、全ての組み合わせの光回線の乗り換えで番号ポータビリティーによる
ひかり電話の電話番号の引継ぎが可能です。

なのでTCOM光から別の光回線への乗り換えに限らず、
光回線の乗り換えでアナログ戻しをしないとひかり電話の電話番号が
引継げないケースは基本的にありません。

そもそもアナログ戻しってどんな手続き?

ここまでアナログ戻しが当たり前の知識であることを前提に書いてきましたが、
中には「アナログ戻しって何?」と思っている人も居るかもしれません。

そこでアナログ戻しの手続きについて簡単に説明しておきましょう。

アナログ戻しとは、光回線のオプションとして使っているひかり電話を文字通り
NTTのアナログ電話に戻す手続きのことです。

アナログ電話とひかり電話の間では、
相互に番号ポータビリティーによる電話番号の引継ぎが可能となっています。

ひかり電話同士で番号ポータビリティーによる電話番号の引継ぎができなかった頃は、
このアナログ電話とひかり電話で相互に番号ポータビリティーが可能なことを
利用して電話番号を引継いでいたんですね。

具体的なアナログ戻しの方法については後述しますが、
例えばTCOM光からフレッツ光に乗り換える場合、
まずTCOM光解約前にひかり電話をアナログ電話に戻しておきます。

その後TCOM光からフレッツ光への乗り換え手続きを行い、乗り換えが完了したら、
アナログ電話をフレッツ光のひかり電話に切り替えるというのがアナログ戻しの
一連の流れです。

現状光回線の乗り換えでアナログ戻しを行うことはほとんどありませんが、
光回線を乗り換えずに解約してしまう場合はアナログ戻しをしないと
固定電話が使えなくなりますよ。

アナログ戻しに電話加入権は必要無し

以前はNTTのアナログ電話を自宅で利用する場合、
「電話加入権」というものを購入しなければいけませんでした。

15年ほど前までは電話加入権を購入するのに75,000円ほどかかっていたので、
不要だと売ったり、固定電話の開通費用を抑えるのに中古の加入権を購入すると
いったこともできました。

現在でも電話加入権の売買はできますが、
加入権の価格が37,000円ほどに下がっていることに加えて加入権無しでも
アナログ電話が開通できるようになったので売買する意味が無くなっています。

なぜ光回線の乗り換えと関係の無い電話加入権について説明したかと言うと、
「アナログ戻しには電話加入権が必要」と勘違いされているからなんです。

実際に以前には電話加入権が無いとアナログ戻しができないということもあったかも
しれませんが、現在は電話加入権が無くてもアナログ戻しは可能です。

電話加入権無しでNTTのアナログ電話を開通するには、
「ライトプラン」を利用することになります。
(加入権ありに比べてライトプランは基本料金が割高)

ライトプランでアナログ電話を使っていてひかり電話に切り替えても、
再度ライトプランのアナログ電話に戻すことが可能なんですね。

光回線の乗り換えでアナログ戻しも番号ポータビリティーもできないことがある?

実はアナログ戻しと番号ポータビリティーには共通の条件があり、
その条件を満たしていない場合にはアナログ戻しも番号ポータビリティーもできません。

なので場合によっては、TCOM光から別の光回線に乗り換えることでひかり電話の
電話番号を変えざるをえないことになってしまうんです。

アナログ戻しと番号ポータビリティーの共通の条件は、
「NTTがアナログ電話用に発行した電話番号を使っていること」です。

ひかり電話加入の際に新たに発行された電話番号やアナログ電話用でもKDDIなど
NTT以外が発行した電話番号を使っていると、アナログ戻しも番号ポータビリティーも
できないんですね。

元々自宅でNTTのアナログ電話を使っており、TCOM光開通時にひかり電話に
電話番号を引継いでいれば、アナログ戻しも番号ポータビリティーも可能です。

しかし自宅ではアナログ電話を使っていないあるいはTCOM光開通時にひかり電話に
電話番号を引継いでいない場合は、ひかり電話用に発行された電話番号を
使っているのでアナログ戻しも番号ポータビリティーもできないことになります。

ただ例外があり、「フレッツ光から光コラボへの転用」と「光コラボ同士あるいは
光コラボからフレッツ光への事業者変更」の場合に限っては、
ひかり電話用に発行された電話番号でも番号ポータビリティーでの引継ぎが可能です。

この例外にも注意が必要で、転用や事業者変更でひかり電話用に発行された
電話番号の番号ポータビリティーが可能なのは「NTTのひかり電話オプションを
使っている場合」だけです。

例えばTCOM光の「ヒカリ電話」はNTTのひかり電話オプションですから、
事業者変更時にはひかり電話用に発行された電話番号でも番号ポータビリティーが
可能です。

しかしソフトバンク光の「ホワイト光電話」はソフトバンクが独自に提供している
ひかり電話オプションなので、事業者変更時でもひかり電話用に発行された
電話番号だと番号ポータビリティーはできません。

ちなみにホワイト光電話でも、NTTが発行したアナログ電話用の電話番号を
使っている場合は番号ポータビリティーが可能です。

このように番号ポータビリティーは非常に条件がややこしいですから、
光回線乗り換えに伴ってひかり電話の電話番号を引継ぎたいなら
事前にNTTに確認しておいた方が良いですよ。

引っ越しに伴って電話の収容局が変わるとどうやっても番号引継ぎはできない

NTT発行のアナログ電話用の電話番号を使っていても、
アナログ戻しや番号ポータビリティーによる引継ぎができないこともあります。

引っ越しを機に光回線を乗り換えるなんてことも多いと思いますが、
市外へ引っ越す場合にはどうやっても電話番号を引継ぐことはできません。

通常の固定電話の電話番号は最初に2~4桁の市外局番が付いています。

市外に引っ越すことで市外局番が変わるわけですから、
全く同じ番号をそのまま引継いで使用することはできないんですね。

また固定電話の基地局となる「収容局」があり、
同じ市内でも場所によって固定電話の収容局が違うことがあります。

なので市内の引っ越しあるいは同じ市外局番を使う市への引っ越しでも、
収容局が変わることで電話番号が変わってしまいます。

引っ越しに伴う光回線の乗り換えでは、基本的にひかり電話の電話番号引継ぎは
できないと思っておいた方が良いかもしれないですね。

アナログ戻しってどうやったらできる?

光回線の乗り換えでアナログ戻しが必要になることはほぼありませんが、
参考のためにアナログ戻しの方法を紹介しておきましょう。

アナログ戻しの方法と言っても、まず
 ・NTT東日本・・・0120-116-000
 ・NTT西日本・・・0800-2000116
に電話をかけて、アナログ電話の利用申し込みをします。

ちなみにNTTのアナログ電話からはNTT東日本・西日本共通で「(局番なし)116」に
電話をかけることでも、アナログ戻しの申し込みができます。

アナログ戻しの申し込みは、必ず光回線を解約する前に行ってください。

光回線を先に解約すると、その時点でひかり電話も解約となり、
ひかり電話で使っていた電話番号が使えなくなってしまいます。

なのでアナログ戻しで電話番号を引継ぐのであれば、
光回線の解約前にアナログ戻しをしないといけないんですね。

アナログ戻しの申し込みをすると、
アナログ電話の開通工事が行われてアナログ戻しは完了となります。

申し込みからアナログ戻し完了までは最短1日

自宅でNTTのアナログ電話回線が使える状態になっており、なおかつNTTに
自宅でアナログ電話を使っていた情報が残っていれば無派遣工事となります。

アナログ電話回線が使える状態でない、あるいはNTTにアナログ電話を使っていた
情報が残っていない場合は派遣工事が行われます。

無派遣工事の場合は申し込んだ翌日にも工事してもらえる可能性がありますが、
派遣工事だと工事実施まで2週間程度かかってしまうかもしれません。

さすが元公社だけあって(?)、派遣工事は基本的に平日にしか行ってもらえません。

派遣工事だと立ち会いも必要ですから、立ち会い可能な平日で日程調整すると
工事実施まで2週間以上かかる恐れも十分にありますね。

アナログ戻しに費用はかかる?

アナログ戻しにかかる費用ですが、工事内容によって工事費の金額が変わります。

無派遣工事の場合、NTT側のみの工事となるので、工事費は2,000円だけで済みます。

派遣工事で、最寄りの電信柱から電話回線を引き込んで屋内配線まで必要となると、
工事費は10,300円となります。

電話回線の引き込みのみで屋内配線が不要な場合は、
屋内配線工事分の料金が安くなるので、工事費は7,900円です。

派遣工事か無派遣工事はもちろん、
屋内配線が必要かどうかも利用者自身が判断することはできません。

ですから実際にアナログ戻しを申し込んでみないことには、
2,000円で済むか10,300円かかるかは分からないですね。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.