@Tcom光Q&A

TCOM光を引っ越し移転するのにかかる費用は?

投稿日:

転勤などで引っ越しをしなければならなくなったんだけど、
今使っているTCOM光をそのまま引っ越し先でも使いたいということもあると思います。

auひかりやNURO光などのように利用できるエリアが限られている光回線では、
引っ越し先で引き続き同じ光回線を使うことが難しい場合もあります。

しかしTCOM光はNTTのフレッツ光回線を使う光コラボですから、移転手続きを
行うことで引っ越し先でも引き続きTCOM光を利用することができるんですね。

ただ頻繁に引っ越す人も少ないでしょうから、TCOM光を引っ越し先に移転させるのに
どれぐらいの費用がかかるのか想像もつかないですよね。

そこでTCOM光の移転にかかる費用について詳しく見ていくとともに、
TCOM光を移転させる際に注意することなどを紹介していきましょう。

TCOM光の引っ越し移転にかかる費用は?

引っ越しの際にTCOM光を移転させるのにかかる費用ですが、基本的には
TCOM光を新規開通させる場合と同じぐらいかかると考えた方が良いです。

スマホやモバイルルーターのような電波を使ったモバイル回線であれば、
移転手続きは住所変更だけで、費用はほとんどかかりません。

しかしTCOM光の利用には、建物にフレッツ光回線が開通していることが必須です。

そのため引っ越し先の物件にフレッツ光回線が開通していなければ、新規開通時と同じ
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の移転費用がかかってしまいます。

引っ越し先にフレッツ光回線が開通している場合は、フレッツ光回線の状況によって
 ・派遣工事・・・7,600円
 ・無派遣工事・・・2,000円
となります。
(戸建て・集合住宅共通)

どこに引っ越すかに因りますが、新築物件の場合は移転費用として
まず間違いなく15,000~18,000円の開通工事費がかかると思っておきましょう。

TCOM光の移転は多少手続きが簡単なだけで、
費用については新規開通の場合と同じってことなんですね。

「お引越しナビ」で申し込めば5,000円分のポイントが貰える

TCOM光の移転手続きは、
 ・お引越しナビ(TCOM光の会員ページ)
 ・お引越し相談窓口(電話)
のいずれかで受け付けています。

もちろんどちらで手続きしても構いませんが、
「お引越しナビ」で手続きした方が金銭的にお得です。

実はTCOM光では現在、お引越しナビで移転手続きを行うことで5,000円相当の
ポイントが貰えるキャンペーンが行われています。

このポイントは、イオングループの「WAONポイント」などと交換することもできますし、
TCOM光の料金支払いに充てることも可能です。

なのでお引越しナビでTCOM光の移転手続きを行うことで、
実質的にTCOM光の料金が5,000円お得になるってことなんですね。

5,000円相当のポイントが貰えるのはお引越しナビで手続きを行った場合の
特典ですから、お引越し相談窓口で手続きするとポイントは貰えません。

TCOM光の移転で分からないことがある場合はお引越し相談窓口で相談し、
実際に移転手続きはお引越しナビで行うようにしましょう。

TCOM光ユーザーは引っ越し費用もお得になる?

TCOM光を移転するということは当然引っ越しをするわけですから、
引っ越し業者に作業をお願いすることになります。

TCOM光と提携している「アリさんマークの引越社」に引っ越し作業をお願いすると、
お得なTCOM光ユーザー限定の特典が付くんです。

TCOM光ユーザーがアリさんマークの引越社に作業をお願いすると、
何と引っ越し作業料金が30~50%の割引となります。

荷物の量によっては引っ越し作業料金は10万円を超えてくることもあるので、
30~50%割引は金額的にも大きいですね。

さらに
 ・段ボール50枚
 ・布団袋2枚
 ・クラフトテープ2本
 ・ハンガーボックスのリース
 ・エアコン脱着1台11,000円~
といったアリさんマークの引越社の通常特典も当然付きます。

ただしアリさんマークの引越社で30~50%の料金割引を受けるには、
専用窓口(0537-21-0001)に電話して見積もり依頼をする必要があります。

通常のアリさんマークの引越社の受付窓口で見積もり依頼しても、
TCOM光ユーザー限定の特典は付きませんよ。

ちなみにアリさんマークの引越社の見積もり依頼時にはTCOM光のユーザーIDが
必要なので、見積もり依頼の電話をかける際はTCOM光の契約書類である
「登録完了のお知らせ」を用意しておきましょう。

また引っ越し時期が3月中旬から4月上旬の引っ越し業者繁忙期だと、
TCOM光ユーザー限定特典である30~50%の料金割引は受けられません。

TCOM光の移転手続きに必要なものは?

TCOM光の移転手続きをスムーズに行うには、
手続きに必要なものを事前に準備しておく必要があります。

TCOM光の移転手続きに必要なものとしては
 ・引っ越し予定日
 ・引っ越し先住所
 ・連絡先電話番号
 ・TCOM光で利用しているプランが分かるもの
となっています。

「引っ越し予定日」「引っ越し先住所」「連絡先電話番号」は問題ありませんが、
4つ目の「TCOM光で利用しているプランが分かるもの」が問題です。

TCOM光ユーザーであることを確認するために「ユーザーID」が求められるので、
TCOM光の契約書類である「登録完了のお知らせ」を用意しておきましょう。

TCOM光のプランぐらいであればマイページである「My@TCOM」でも確認できますが、
ユーザーIDとなると「登録完了のお知らせ」でないと確認できません。

なのでもし「登録完了のお知らせ」が手元に無い場合は、
移転手続きの前に「登録完了のお知らせ」の再発行手続きを行っておきましょう。

TCOM光の移転にかかる日数は?

引っ越しの物件にフレッツ光回線が開通していたとしても、
移転後すぐにTCOM光が使えるようになるわけではありません。

移転手続きを行ってから実際に引っ越し先の物件で
TCOM光が使えるようになるまでは、少なくとも2~3週間程度はかかります。

移転手続き自体は引っ越し予定日の2か月前からできるので、
可能なのであれば早めに手続きしておき、できれば引っ越したらすぐTCOM光が
使えるような状態にしておきたいところですね。

しかし中古物件や賃貸物件で、前の入居者と入れ替わるような形で入居する場合は、
引っ越し後2~3週間はTCOM光が使えない状態になってしまいます。

仕事などで自宅のインターネット回線が必要な場合は、TCOM光開通まで
モバイルルーターのレンタルなども検討した方が良いかもしれないですね。

移転後にTCOM光の回線は撤去しないといけない?

引っ越し先でのTCOM光の開通も重要ですが、引っ越しするまで使っていた
TCOM光の回線の扱いについても考えておかないといけません。

光回線サービスによっては、引っ越し移転時には引っ越し元で使っていた回線の
撤去が必須となっていることもあります。

TCOM光でも、引っ越し元が賃貸物件で大家さんや管理会社から求められた場合は
TCOM光の回線撤去工事が必要です。

しかしフレッツ光回線は解約時や移転時に回線の撤去が義務付けられていないので、
大家さんや管理会社から求められなければ撤去する必要はありません。

賃貸物件の場合は次の入居者が使えるように回線を残しておくケースも多いので、
TCOM光の回線も撤去しなくても良い可能性が高いと思います。

TCOM光の回線撤去には費用はかからない

撤去しなくても良い可能性が高いとは言え、大家さんや管理会社から
これまで使っていたTCOM光の回線の撤去を求められることも当然あります。

もし回線の撤去を求められた場合、どのぐらいの工事費がかかるのか心配ですよね。

ただでさえTCOM光を移転するのに新規開通時と同じぐらいの料金がかかる可能性が
高いわけですから、その上撤去費用もとなると金銭的負担が大きくなってしまいます。

実はTCOM光で使っているフレッツ光回線は、開通時にはもちろん工事費が
かかるものの、撤去時には工事費がかからないことになっています。

ですから大家さんや管理会社に回線の撤去を求められても、
撤去工事の依頼をするだけで、お金は払わなくて良いんですね。

TCOM光移転で変わるものと変わらないもの

移転の手続きをすることで引っ越し先でもそのままTCOM光が利用できますが、
引っ越し前と全く同じようにTCOM光が使えるというわけでもありません。

TCOM光を移転することによって変わってしまうものもあるんです。

基本料金や通話料がアナログ電話より安いので、自宅の固定電話として
TCOM光のひかり電話を利用しているケースも多いと思います。

このひかり電話の電話番号は、
TCOM光移転と同時に変わってしまう可能性が高くなっています。

ひかり電話の電話番号は、
アナログ電話用に発行されたもの・ひかり電話用に発行されたものに関わらず、
「(市外局番)-(市内局番)-(加入者番号)」という組み合わせになっています。

引っ越し先が市外だと「市外局番」が変わりますから、
当然引っ越し前と同じ番号を使うことはできません。

引っ越し先が市内でも収容局が変わると「市内局番」が変わるので、
やはり電話番号を引っ越し先に引き継ぐことはできないんですね。

極端な話、隣の建物や道路を挟んだ向かい側の建物への引っ越しでも、
収容局が変わればひかり電話の電話番号が変わってしまうわけです。

ただしひかり電話用に発行された電話番号を使っている場合は、
市内の引っ越しであれば収容局が変わっても同じ電話番号を使うことができます。

またアナログ電話用に発行された電話番号を使っている場合でも、
市内の引っ越しで収容局が変わらなければ電話番号も変わりません。

たとえ近距離でも、
引っ越しをする場合は固定電話の電話番号が変わってしまうのは仕方のないことです。

ただ固定電話の電話番号は、保険やローンなどの契約、
金融機関口座やクレジットカードなどの登録にも使われています。

TCOM光移転によってひかり電話の電話番号が変わると、
こうした契約や登録の内容を全て変更しないといけないので注意しましょう。

ユーザーIDやプロバイダメールのアドレスは変わらない

TCOM光移転で、ひかり電話の電話番号は変わる可能性が高いですが、
 ・ユーザーID
 ・プロバイダメールのアドレス
は変わりません。

ひかり電話の電話番号は利用する地域と紐づいているので、
引っ越しすることで変わる可能性が高くなっています。

しかし「ユーザーID」はTCOM光、「プロバイダメールのアドレス」は@TCOMが
発行しているもので、特に利用する地域や住所とは紐づいていません。

なのでTCOM光を解約したり別の光回線に乗り換えたり、
プロバイダを@TCOM以外のものに変更したりしない限りは、
ユーザーIDとプロバイダメールのアドレスは変わらないんですね。

ひかり電話の電話番号に比べると、ユーザーIDやプロバイダメールのアドレスは
変わっても変わらなくてもあまり大きな影響は無いかもしれません。

ただユーザーIDは、移転手続きでも必要でしたし、
各種問い合わせや契約内容の変更時など重要な場面で必要となります。

プロバイダメールのアドレスも、
SNSやインターネットサイトなどのアカウント登録の際に使われていることがあります。

利用頻度こそ高くないものの、
ユーザーIDもプロバイダメールのアドレスも変わったら変わったで面倒です。

ですからユーザーIDやプロバイダメールのアドレスが変わらないのは、引っ越し先に
移転してTCOM光を使い続けるちょっとしたメリットと言えるんじゃないでしょうか。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.