@Tcom光Q&A

TCOM光でWiFiルーターはレンタルできる?

投稿日:

インターネットが一般的に普及し始めた頃は、
パソコンとインターネット回線を有線接続するのが当たり前でした。

しかし最近はスマホにテレビ、ゲーム機などパソコン以外の機器も
インターネットに接続できるようになっています。

そのため自宅のインターネット回線をWiFi化して、ケーブルを挿し替えたりすることなく、
複数の機器をインターネット回線に接続できるようにするのが一般的です。

では光コラボである「TCOM光」をWiFi化するには、
どのような方法があるのでしょうか?

そこでTCOM光でWiFiを利用する方法と、
WiFiを利用するにあたって気になることについて詳しく見ていきたいと思います。

TCOM光でWiFiを利用するには

TCOM光でWiFiを利用するもっとも手っ取り早い方法は、
市販のWiFiルーターを購入することです。

家庭用のWiFiルーターは、パソコンの専門店はもちろん家電量販店でも
売っていますし、Amazonなどの通販サイトでも購入できます。

WiFiルーターの値段はピンからキリまでですが、シンプルで安いものであれば
2,000円台、高性能で高いものになると20,000円30,000円するものもあります。

TCOM光の終端装置であるONUと市販のWiFiルーターをLANケーブルで接続し、
WiFiルーターの設定画面にアクセスして初期設定を施します。

あとはパソコンやスマホなどの通信機器側でWiFi接続設定を施せば、
TCOM光が無線化されて、自宅でWiFiが使えるようになります。

NTTで無線LANカードをレンタルする方法も

TCOM光でWiFiを利用するには、WiFiルーターを購入する以外に、
NTTで無線LANカードをレンタルするという方法もあります。

TCOM光などNTTのフレッツ光回線を使う光コラボでは、
別途NTTのオプションを利用することができるようになっています。

TCOM光ではなく、自分が光回線を利用している地域を管轄するNTT東日本又は
NTT西日本に直接オプション利用を申し込めばOKです。

利用しているONUやホームゲートウェイが古いと面倒な作業になることも
あるようですが、通常は送られてきた機器を自分で設置します。

無線LANカードのレンタル料金は、
 ・NTT東日本・・・月300円
 ・NTT西日本・・・ひかり電話利用あり 月100円
            ひかり電話利用なし 月350円
です。

NTTと直接契約することになるので、無線LANカードのレンタル料金は光コラボの
料金とは別にNTTから請求される形となります。

以前はTCOM光にもWiFiルーターのレンタルサービスがあったが・・・

実はTCOM光では、「光ネットワーク無線LANルータレンタル」という
WiFiルーターのレンタルサービスが以前は行われていました。

このレンタルサービスでは、最大1Gbpsの通信速度に対応している高性能な
WiFiルーターが月100円でレンタルできたんですね。

光コラボでWiFiルーターのレンタルサービスを行っているところは少なくありませんが、
レンタル料金は月300~500円といったところが多くなっています。

なのでTCOM光で月100円で高性能なWiFiルーターがレンタルできれば、
結構お得ですよね。

しかし残念ながら、このWiFiルーターのレンタルサービスは2016年8月末をもって
新規申し込みが終了してしまっています。

2016年8月までに申し込んでいれば、
現在(2019年)でも月100円でWiFiルーターをレンタルし続けることは可能です。

WiFiルーターはレンタルと購入どっちがお得?

現状TCOM光でWiFiを利用するには、WiFiルーターを購入するかNTTで
無線LANカードをレンタルするかのどちらかとなります。

ではWiFiルーターを購入するのと無線LANカードのレンタルでは、
どちらがお得なんでしょうか?

先に書いたように、無線LANカードのレンタルには月300円ほどの料金がかかります。

対してWiFiルーターは、安い機種なら2,000円台で購入することができますが、
機能面を考えると10,000円前後の機種を購入するのが一般的です。

10,000円は無線LANカードのレンタル料の約3年分に相当するので、
購入したWiFiルーターが3年以上使えれば購入する方がお得ですよね。

WiFiルーターは精密機器ですが、基本的には据え置きで、
スマホなどのように持ち運んで使うことはほとんどありません。

なので落下や水濡れなどによる故障のリスクが少なく、
普通に使っていれば4~5年は軽く持ちます。
(場合によっては10年以上使えることも)

TCOM光が以前行っていたサービスのように月100円でレンタルできならともかく、
月300円で無線LANカードをレンタルするならWiFiルーターを購入した方が
金銭的にはお得だと思いますよ。

レンタルは自然故障なら無償で交換してもらえる

金銭的にはWiFiルーターを購入した方がお得ですが、
無線LANカードのレンタルにもメリットはあります。

特に乱暴に扱ったわけでもないのに、
無線LANカードに故障や不具合が発生することも十分に考えられます。

またTCOM光が新しい通信サービスに移行することで、
これまで使っていた無線LANカードが使えなくなるといったことがあるかもしれません。

このようにユーザーに過失が無いにも関わらず無線LANカードが
使えなくなった場合には、レンタルだと無償で新しいものと交換してもらうことができます。

WiFiルーターを購入している場合は、自然発生的な故障や不具合、使用不可でも
WiFiルーターを買い替えるしかありません。

購入してから1~2年以内であれば、メーカー保証で自然発生的な故障や不具合の
場合は無償で交換してもらえる可能性もあります。

しかし4年も5年も使っているとメーカーの保証期間も終了しており、
たとえ自分に過失が無い故障や不具合でも無償で交換してもらうことはできません。

ちなみに、レンタルでもユーザーの過失に因る故障や不具合であれば、
有償での修理・交換になりますよ。

自宅でWiFiが使えるようにするメリットは?

何となくTCOM光をWiFi化した方が便利なのは分かりますが、
具体的にWiFiを使うメリットって何なのでしょうか?

TCOM光をWiFi化する大きなメリットとしては、
パソコン以外の色々な機器をインターネットに接続することができるということです。

WiFi化しないと、パソコンなどの通信機器とTCOM光の終端装置であるONUや
HGWをLANケーブルで有線接続することになります。

ONUやHGWのLANポートには数に限りがありますから、
同時にインターネットに接続できる機器は2~3台となってしまいます。

また、スマホやタブレットなど有線接続するためのLANポートを備えていない機器も
あり、そうした機器はインターネットに接続できません。
(ノートPCでもLANポートが無い機種がある)

WiFi化しておけば、LANポートを備えていない機器も含めて、
ケーブルの挿し替え無しに10台ぐらい同時にインターネットに接続することができます。

WiFiでスマホのデータ通信量が節約できる

最近は大手携帯キャリアでも使い放題プランが出てきていますが、
基本的にスマホは1か月間に使えるデータ通信量が制限されています。

月間のデータ通信量が制限を超えると、
通信速度がガラケー並みにまで落ちてしまい、SNSの閲覧すら厳しくなります。

ですから月末には、データ通信量が制限を超えないように、
スマホの利用を控えているなんてケースも多いんじゃないでしょうか。

自宅のTCOM光をWiFi化して、自宅でスマホを使う際にTCOM光に
WiFi接続すれば、スマホのデータ通信量が節約できます。

WiFiに接続して通信した分はTCOM光のデータ通信量としてカウントされ、
スマホのデータ通信量にはカウントされません。

ですから自宅に居る間はスマホをTCOM光にWiFi接続しておくことで、
スマホのデータ通信量はゼロになるというわけです。

自宅ではスマホのデータ通信量を使わないとなると、スマホの料金プランを
よりデータ通信量が少なくて安いプランに変更することもできます。

ですからTCOM光をWiFi化しておくことで、スマホのデータ通信量が
節約できるだけでなく、場合によっては通信費の節約にも繋がるんですね。

WiFiルーターを選ぶ際に注意すること

NTTで無線LANカードをレンタルするのではなく、WiFiルーターを購入しても
TCOM光をWiFi化する場合にはWiFiルーターの選び方にも注意が必要です。

先にも書いたように、WiFiルーターの価格はピンからキリまでで、
安いものであれば2,000円台で購入することができます。

だからと言って、価格でWiFiルーターを選んでしまうとかえって使い勝手が悪く、
TCOM光をWiFi化する意味が無くなってしまうかもしれません。

市販のWiFiルーターは機種によって「推奨環境」が違っており、
機種ごとにどういった間取りで利用するのに適しているかが決まっているんですね。

例えば比較的価格の安い機種は「ワンルーム用」で、
2階建て3階建てで複数の部屋がある家には適していません。

ワンルーム用のWiFiルーターはWiFi出力が弱く、
壁や階層を隔てた部屋にはWiFiの電波が届きません。

ですから戸建てや複数の部屋がある集合住宅では、2階建て用や3階建て用あるいは
2LDK・3LDK用のWiFiルーターでないと使い勝手が悪いんですね。

そうすると必然的にWiFiルーターの価格も高くなり、戸建てや複数の部屋がある
集合住宅だと10,000円前後の機種を購入することになります。

WiFiルーターは基本的に「大は小を兼ねる」ので、ワンルームの部屋にWiFi出力の
強い2階建て用などの機種を使うのは問題ありません。

ただワンルームでWiFi出力の強いWiFiルーターを使うと、
隣の部屋や建物の表にまでWiFiの電波が届いてしまいます。

電波が拾えてもパスワードが分からないとWiFi接続できませんが、
通信関連の深い知識がある人だとパスワードを解析してしまう恐れもあります。

そうすると、赤の他人に自宅のWiFiをタダで使われたり、
WiFiを遡って自分が使っているパソコンやスマホなどに侵入されて個人情報などを
盗まれるといったことも無いとは言えません。

ですから部屋の間取りに対してWiFi出力が大きすぎるのも考え物で、
部屋の間取りに合った機種を選ぶことが重要なんですね。

ただし同じ間取りでも床面積の大きい小さいがありますから、ワンルームなら2LDK用、
2LDKなら3LDK用といった具合に自宅の間取りより1つ大きめを目安に
WiFiルーターを選ぶと良いですよ。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.