@Tcom光Q&A

TCOM光の対応エリアは?全国で使える?

投稿日:

「光回線は全国どこでも使える」と思っている人は結構多いんじゃないでしょうか。

実際光回線を検討する際、通信速度や料金は気にしても、
対応エリアはあまり気にしないですよね。

しかし光回線は回線事業者によって対応エリアが違っており、
光回線を使いたくても使えないこともあるんです。

そこで光コラボである「TCOM光」の対応エリアなどとともに、
光回線が使えない場合にはどうすれば良いのかについて詳しく見ていきましょう。

TCOM光が利用できるエリアは?

光コラボである「TCOM光」は、
NTTのフレッツ光の回線を使って光回線サービスを提供しています。

ですからTCOM光の対応エリアは、フレッツ光の対応エリアと同じということになります。

フレッツ光は日本全国約95%の地域が対応エリアとなっているのでは、
フレッツ光回線を使うTCOM光の対応エリアも同じく日本全国の約95%の地域です。

北は北海道から南は沖縄まで、
ほぼ日本全国で利用できると考えて問題無いと思います。

ただ現状でも約5%の地域はフレッツ光に対応しておらず、
島しょ部や山間部など少し特殊な地域ではありますが、
TCOM光を使いたくても使えない地域も多少はあるんですね。

とは言え、現在進行形でNTTもフレッツ光のエリア拡大を進めており、いずれ人の
住んでいる地域でTCOM光が使えないところが無くなる日が来るかもしれません。

TCOM光の対応エリアは公式サイトで確認できる

都市部や住宅街に住んでいるなら気にする必要はありませんが、離島や山あいの
地域に住んでいると「ひょっとしたらTCOM光の対応エリア外かも」と気になりますよね。

自分の住んでいる地域でTCOM光が利用できるかどうかは、
TCOM光の公式サイトで確認することができます。

TCOM光の公式サイトの「サービス案内」ページ内に「提供エリア検索」という項目が
あり、そこからNTT東日本・NTT西日本のエリア検索ページにアクセスすることが
できるようになっています。

NTT東日本の方は住所で、NTT西日本の方は住所だけでなく郵便番号や
電話番号でも対応エリアかどうかが確認できます。

実際にエリア検索してみると、有名な芸能人の出身地である離島はフレッツ光非対応で
TCOM光を利用することができなくなっていたりします。

こうしたこともあるので離島や山間部でTCOM光を申し込む際には、
事前にエリア検索して自分の住んでいる地域がTCOM光に対応しているかどうか
確認した方が良いですよ。

フレッツ光の対応エリア内でもTCOM光が使えないことがある!?

自分の住んでいる地域がフレッツ光の対応エリア内だからと言って、
必ずしもTCOM光が使えるとは限りません。

マンションなどの集合住宅では、
建物全体で特定の光回線しか使えないようになっていることがあります。

例えば建物全体で「auひかり」と契約しているといったマンションなどでは、
フレッツ光の対応エリア内でもTCOM光を利用することはできません。

戸建てでも賃貸だと、既に開通している光回線以外は使えないといったことが
ありますから、フレッツ光の対応エリア内だからと言ってTCOM光が
必ず使えるわけではないんですね。

もし引っ越し先でTCOM光の利用を考えているなら、エリア検索だけでなく、
TCOM光が利用できるかどうかも大家さんや管理会社に事前に確認しておきましょう。

東日本エリアと西日本エリアを跨ぐ引っ越しではTCOM光の利用はどうなる?

フレッツ光の提供元である「NTT」は、元々は電電公社で1つの組織でしたが、
現在はNTT東日本とNTT西日本という2つの会社に分かれています。

ですから同じフレッツ光でも、NTT東日本エリアで使う場合とNTT西日本エリアで
使う場合ではサービス内容や料金が多少違います。

またNTT東日本エリアとNTT西日本エリアを跨いで引っ越す場合には、
フレッツ光を移転して利用することはできません。

例えば東京から大阪に引っ越す場合には、東京で使っていたNTT東日本の
フレッツ光は解約して、大阪でNTT西日本のフレッツ光を新規契約することになります。

そうするとフレッツ光回線を使うTCOM光でも、
NTT東日本エリアとNTT西日本エリアを跨ぐ引っ越しでは移転することは
できないんじゃないかと思っちゃいますよね。

TCOM光では確かにNTT東日本又はNTT西日本のフレッツ光回線を使いますが、
あくまで光回線サービスの提供元はTCOM光です。

先にも書いたようにTCOM光の対応エリアは日本全国ですから、NTT東日本エリアと
NTT西日本エリアを跨ぐ引っ越しでも移転して継続利用することが可能です。

東京から大阪に引っ越すような場合でも、東京で使っていたTCOM光を
いったん解約して、大阪でTCOM光を新規契約するといった必要はないんですね。

引っ越し先の建物によっては通常の開通工事費がかかることがある

東日本と西日本を跨ぐ引っ越しでもTCOM光の移転は可能ですが、引っ越し先の
建物によっては新規開通の際と同じ工事費がかかってしまうこともあるんです。

光回線の事業者によっては、移転で発生する回線工事費を新規開通時の工事費よりも安く設定しているところもあります。

しかしフレッツ光では、移転時も新規開通時と同じ工事費となっています。

ですから引っ越し先の建物にフレッツ光回線が開通済みの場合は、
TCOM光移転にかかる工事費も2,000~7,600円で済みます。

ところが引っ越し先の建物にフレッツ光回線が開通していないと、移転でも
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
の工事費がかかってしまいます。

日本全国で利用できるのはフレッツ光と光コラボだけ?

フレッツ光やTCOM光などのフレッツ光回線を使う光コラボは、
ほぼ日本全国どこでも利用することができます。

しかし現状日本国内で利用できる光回線サービスで、
ほぼ日本全国で利用できるのはフレッツ光と光コラボだけです。

それ以外の光回線サービスは、対応エリアが限られています。

例えば「auひかり」の対応エリアは日本全国の約70%で、
中部や関西では利用できない地域もあります。
(集合住宅はOKだけど戸建てはダメというケースもある)

標準サービスの最大通信速度が2Gbpsで、一部エリアでは最大10Gbpsのサービスも
行い世界最速を自認する「NURO光」はさらに対応エリアが狭くなっています。

2019年3月現在NURO光が使えるエリアは
 ・関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城)
 ・東海(愛知、岐阜、静岡、三重)
 ・関西(大阪、京都、滋賀、奈良、兵庫)
 ・九州(福岡、佐賀)
のみとなっています。

他にも西日本には
 ・コミュファ光(中部電力)
 ・eo光(関西電力)
 ・MEGA EGG(中国電力)
 ・Pikara(四国電力)
 ・BBIQ(九州電力)
といった電力会社系の光回線サービスもありますが、
それぞれの電力会社の管内でしか利用できません。

自分の住んでいる地域で光回線が使えない場合はどうすれば良い?

自宅のある地域がauひかりやNURO光が非対応でもフレッツ光や光コラボの
対応エリア内なら、選択肢は狭まりますが、光回線を利用することができます。

しかしフレッツ光回線も100%普及しているわけではありませんから、auひかりや
NURO光はもちろんフレッツ光も光コラボも利用できないといった地域も実際にあります。

では光回線が使えない地域でインターネットを使うには、どうすれば良いんでしょうか?

光回線が使えない場合には、
光回線が普及するまで主流だった「ADSL」を使うのも1つの方法です。

「でもADSLってサービス終了が決まっていて、新規開通できないんじゃないの?」
と思いますよね。

確かにNTT東日本・西日本では2023年1月、
Yahoo!BBでは2024年1月でADSLサービスが終了することになっており、
いずれも既に新規申込は締め切っています。

ただNTT東日本・西日本のADSL終了は、
光回線サービスが提供されているエリアに限ったことです。

なのでフレッツ光や光コラボに対応していないエリアでは、現状でもADSLを
申し込むことができますし、2023年1月以降もADSLを利用することができます。

ADSLはアナログ電話回線を使うので、
アナログ電話さえ通じていればADSLは利用できると思います。

ただアナログ電話が通じていてもADSLは利用できないといったことが無いとは
言えないので、地域によっては光回線もADSLも使えないといったことがあるかも
しれません。

またADSLの通信速度は最大でも50Mbps程度で、
実測値だと5Mbps以下になることも考えられます。

5Mbpsだと、ネットサーフィンはSNSぐらいは普通に使えますが、
動画は少し画質を落とさないと読み込みに時間がかかってしまいます。

ですから光回線の代わりにADSLを使うと言っても、
光回線と全く同じようにインターネットが使えるわけじゃないんですね。

ケーブルテレビのインターネットサービスを利用する

光回線が使えないエリアのインターネット回線としては、
ケーブルテレビのインターネットサービスも挙げられます。

ケーブルテレビには「J:COM」のように全国的にサービスを提供しているものもあれば、
特定の地域でのみ利用できるものもあります。

地上デジタル放送の難視聴地域では、
テレビの地上波放送を視聴するのにケーブルテレビが使われています。

ですから光回線に対応していない離島や山あいの地域でも、
ケーブルテレビのインターネットが利用できる可能性が高いんですね。

ただケーブルテレビとインターネットをセットで契約することになるので、
インターネットのみの光回線に比べると料金が高くなってしまいます。

またケーブルテレビのインターネットは通信速度も光回線に比べると遅いですから、
使い勝手の点でも光回線に劣ります。

モバイル回線を利用する

光回線やケーブルテレビのように専用のケーブルを使ったインターネット回線ではなく、
電波を使って通信する「モバイル回線」を利用する手もあります。

大手携帯キャリアのLTE回線であれば離島や山間部でも繋がるので、
光回線が使えないエリアのインターネット回線として十分に使えます。

電波で通信するので光回線に比べると安定性に欠けますが、
通信速度に関しては光回線に迫る勢いなんです。

フレッツ光やTCOM光などの光コラボの最大通信速度は1Gbpsですが、
モバイル回線の「WiMAX」の最近機種では最大通信速度が1Gbps以上となっています。

もちろん実測値ではまだまだ光回線に及ばないものの、
理論上は光回線と同等以上の通信速度が出ます。

WiMAXやワイモバイルなら、モバイル回線でも通信量無制限で、
料金も月4,000円前後で光回線より少し安く使えます。

ただ通信量無制限のWiMAXやワイモバイルは、大手携帯キャリアに比べると
対応エリアが狭く、離島や山間部では繋がらない恐れがあります。

大手携帯キャリアのLTE回線は、対応エリアが広いものの、
格安SIMでも通信量無制限で使えるところがほとんどありません。

現状光回線が使えない地域でも、
今後対応エリアが広がって光回線が使えるようになる可能性があります。

しかし現状では光回線が使えないわけですから、現実的には
 ・ADSL
 ・ケーブルテレビ
 ・モバイル回線
のいずれかを使うしかないんですね。

-@Tcom光Q&A

Copyright© 光コラボでお得ちゃん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.